この資料では、Microsoft Azure のバックアップのパフォーマンスを向上させる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」を参照してください。構成の追加手順は、インストールした後この更新プログラムを有効にする必要があります。

現象

Azure のバックアップ エージェントを使用して、インクリメンタル ・ バックアップは、多数のファイルのあるサーバーの実行速度が低下可能性があります。

解決策

この問題を解決するには、Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンをインストールします。

さらに、「レジストリ情報」セクションに記載されているレジストリ エントリを追加し、、保護されているボリュームの USN ジャーナルの既定のサイズを大きくする"USN ジャーナルのサイズを既定値を大きく」セクションの指示に従います。

ダウンロード センター

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download Azure のリカバリ ・ サービス ・ エージェントの更新プログラムを今すぐダウンロードします。
注 Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンは、2.0.8724.0 です。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Azure のバックアップ エージェントをインストールが必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラム3080243が置き換えられます。

追加の構成手順を実行します。

レジストリ情報

この更新プログラムをインストールした後は、次のレジストリ エントリを追加する必要があります。

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。前に変更する、復元用のレジストリをバックアップする問題が発生する場合に。

  1. レジストリ エディターを見つけてし、次のレジストリ サブキーを選択します。

    Azure Backup\Config\CloudBackupProvider

  2. キーを押しますと押しながら (または右クリック) CloudBackupProvider新規作成] をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。

  3. 新しいレジストリ エントリの名前をUseUsnIteratorとして指定します。

  4. UseUsnIteratorレジストリ エントリをダブルクリックします。

  5. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで [値のデータフィールドに、 1を入力し、し、[ OK] をクリックします。

  6. レジストリ エディターを終了します。

注: パフォーマンスの修正プログラムを無効にするには値を

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×