はじめに

この資料では、Microsoft Azure サイトの回復の次のバージョンで更新プログラムのロールアップ 41 で修正される問題について説明します。

修正される問題の詳細と、 前提 条件 この更新プログラムをインストールする前に確認する必要があります。

必要条件

Microsoft Azure サイト回復プロバイダーの更新プログラムのロールアップ 41 (バージョン 5.1.5000.0) をインストールするには、次のいずれかがインストールされている必要があります。

  • マイクロソフト Azure サイト回復プロバイダー (バージョン 5.1.4500 またはそれ以降のバージョン)

  • Azure サイト回復統合セットアップ (Azure への VMware) (バージョン 9.25.xxxx.x またはそれ以降のバージョン)

  • マイクロソフト Azure 回復サービス エージェント (バージョン 2.0.8700.0 またはそれ以降のバージョン)

メモ インストールされているプロバイダのバージョンは、コントロール パネルの [プログラムと機能] で確認できます。

この更新プログラムで行われた機能強化と修正された問題

この更新プログラムをインストールした後、次の問題が修正され、次の機能強化が含まれています。

Microsoft Azure サイト回復統合セットアップおよび構成サーバー テンプレート

機能追加

  • 構成サーバー OVF セットアップ エラーが発生しました 明確な根本原因と推奨されるアクションで強化され、より簡単に 解像 度。

  • プロセス サーバースループット計算ロジック は、手動による介入が不要な場合にアラートを最小限に抑えるように拡張されています。

モビリティ サービス

機能追加

  • MSI インストールの失敗の根本原因と解決方法を提供する新しいエラー コードが導入されました。

  • Linux OS のサポートの強化

    • Ubuntu 18.04

    • レル7.7

修正された問題

  • Windows マシンのディスク情報は、Log Analytics ワークスペースに提供されているサイト回復ログでユーザーを読み取り可能にします。

Microsoft Azure サイトの回復 (サービス)

機能追加

Azure から Azure

  • お客様は、次の機能を持っています。 Compute からレプリケートされたアイテムのテスト フェールオーバー設定を構成し、 ネットワーク ブレード。Vnet、サブネット、プライベート IP アドレスを更新できます。 テスト フェールオーバーと NSG 構成の接続、内部ロード バランサー、 パブリック IP アドレス。

  • ASR は、作成された VM(NIC)をクリーンアップします。 お客様がプライマリにフェールバックした後のDRリージョンのディスク をクリックし、レプリケーションを無効にします。

  • タグの作成を合理化しました。調整 タグキーと値のペアでキャプチャされた情報は、 タグに基づいてフィルタリングする顧客。

  • 復旧でサポートされる VM の数 フェールオーバーの信頼性を確保するために、プランは 100 に制限されています。

VMware to Azure

  • フェールオーバーの信頼性を確保するために、復旧計画でサポートされる VM の数が 100 に制限されています。

Azure サイト回復オンプレミス コンポーネントの更新

2 つのオンプレミス VMM サイト間

  1. マイクロソフト Azure サイト回復プロバイダーの最新の更新プログラムのロールアップをダウンロードします。

  2. 回復サイトを管理しているオンプレミスの VMM サーバーに、最初に更新プログラムのロールアップをインストールします。

  3. 回復サイトが更新されたら、プライマリ サイトを管理している VMM サーバーに更新プログラムのロールアップをインストールします。

メモVMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールすることを確認します。

オンプレミスの VMM サイトと Azure の間

  1. の更新プログラム ロールアップをダウンロードする マイクロソフト Azure サイト回復プロバイダー:

  2. オンプレミスの VMM サーバーに更新プログラムのロールアップをインストールします。

  3. 最新 のマイクロソフトをインストールする すべての Hyper-V ホスト上の Azure 回復サービス エージェント。

メモVMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールすることを確認します。

オンプレミスの Hyper-V サイトと Azure の間

  1. の更新プログラム ロールアップをダウンロードするMicrosoft Azure サイト回復プロバイダー.

  2. Azure サイトの回復に登録した Hyper-V サーバーの各ノードにプロバイダーをインストールします。

メモHyper-V がホスト クラスター化 Hyper-V サーバーの場合は、クラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールすることを確認します。

オンプレミスの VMware または物理サイトから Azure への間

  1. ダウンロードしてオンプレミス管理サーバーを更新する Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ.これは、構成サーバーとプロセス サーバーの役割を持つサーバーです。

  2. スケールアウト プロセス サーバーがある場合は、次に Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ.

  3. Azure ポータルに移動し、[保護されたアイテム] > [レプリケートされたアイテム]ページに移動します。このページで VM を選択します。各 VM のページの下部に表示される [エージェントの更新]ボタンを選択します。これにより、保護されているすべての VM のモビリティ サービス エージェントが更新されます。

メモモビリティ エージェントをアップグレードするたびに再起動して、最新の変更がすべてソース コンピュータに読み込まれるようにすることをお勧めします。これは必ずしも必須ではありません。ただし、前回の再始動とターゲット・バージョンのエージェント・バージョンの差が、最後の 10 進数の 4 より大きい場合は、再始動が必須です。詳細については、次の表を参照してください。

最後の再起動時のエージェントのバージョン

にアップグレードしています

再起動は必須ですか?

9.16

9.18

必須ではありません

9.16

9.19

必須ではありません

9.16

9.20

必須ではありません

9.16

9.21

必須最初にバージョン 9.20 にアップグレードしてから、バージョン 9.21 にアップグレードする前に再起動します (最後の再起動バージョンとターゲット バージョンの差が 4 より大きいためです)。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×