Azure サイト回復用のロールアップ 34 の更新

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

はじめに

この資料では、 以下のバージョンの Update Rollup 34 で修正された問題 マイクロソフト Azure サイトの回復:

注意事項

  • これは、「この更新プログラムで修正された問題」に記載されている問題の修正プログラムです。

  • この更新プログラムを適用する前に、「前提条件」セクションを参照してください。

概要

マイクロソフトをインストールするには Azure サイト回復プロバイダー更新ロールアップ 34 (バージョン 5.1.3950.0) 次のいずれかがインストールされています。

  • Microsoft Azure ハイパー V 回復マネージャー (バージョン 3.4.486 以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト回復ハイパー V プロバイダー (バージョン 4.6.660 以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト回復プロバイダ (バージョン 5.1.3500 以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイトの回復統一セットアップ (VMware to Azure) (バージョン 9.18)xxxx.xまたはそれ以降のバージョン)

注記インストールされているプロバイダのバージョンを確認できます。 コントロール パネルの[プログラムと機能]項目で表示されます。

この更新プログラムで修正される問題

適用後 更新、以下の問題を修正し、以下の改善点を修正しました。 含ま。

モビリティサービス

問題修正済み (Azure VM の災害復旧に適用され、 ヴムウェア VM)

  • アカウント作成者の正常性が適用可能かどうかにかかわらず考慮されている問題を修正します。つまり、ライタが失敗した状態のときに、アプリケーションの一貫性のあるポイントは生成されませんでした。

Azure サイトの回復オンプレミス コンポーネントの更新

2 つのオンプレミス間 VMM サイト

  1. 最新の更新プログラム ロールアップをダウンロードするマイクロソフト Azure サイト回復プロバイダー.

  2. 回復サイトを管理しているオンプレミスの VMM サーバーに最初に更新ロールアップをインストールします。

  3. 回復サイトを更新したら、プライマリ サイトを管理している VMM サーバーに更新ロールアップをインストールします。

注記VMM が高 利用可能な VMM (クラスタ化 VMM) では、すべてのアップグレードにアップグレードをインストールしてください。 VMM サービスがインストールされているクラスターのノード。

オンプレミス間 VMM サイトと Azure

  1. 更新プログラムのダウンロードマイクロソフト Azure サイト回復プロバイダー.

  2. オンプレミスの VMM サーバーに更新ロールアップをインストールします。

  3. 最新のインストール火星すべての Hyper-V ホスト上のエージェント。

注記VMM が高い 利用可能な VMM (クラスタ化 VMM) では、すべてのアップグレードにアップグレードをインストールしてください。 VMM サービスがインストールされているクラスターのノード。

オンプレミス間 ハイパー V サイトと Azure

  1. 更新プログラムのダウンロードマイクロソフト Azure サイト回復プロバイダー..

  2. Azure サイト回復に登録した Hyper-V サーバーの各ノードにプロバイダーをインストールします。

注記ハイパー V が ホスト クラスタ化された Hyper-V サーバーでは、アップグレードをすべてインストールしてください。 クラスタのノード

オンプレミス間 Azure へのヴムウェアまたは物理サイト

  1. Microsoft Azure サイト回復統一セットアップをダウンロードして、オンプレミス管理サーバーを更新します。これは、構成サーバーとプロセス サーバーの役割を持つサーバーです。

  2. スケールアウト プロセス サーバーがある場合は、Microsoft Azureサイト回復統一セットアップを使用して、次に更新します。

  3. Azure ポータル >保護されたアイテム>レプリケートされたアイテムページに移動します。このページで VM を選択します。各 VM のページの下部に表示される[エージェントの更新]ボタンを選択します。これにより、保護されているすべての VM のモビリティ サービス エージェントが更新されます。

再起動をお勧めします モビリティ エージェントをアップグレードするたびに、すべての最新の変更を確認する はソース コンピュータに読み込まれます。ただし、この手順は必須ではありません。 場合は、 最後の再起動時のエージェント・バージョンと現在のバージョンの違い バージョンが 4 より大きい場合、再起動は必須です。以下を参照してください。 詳細な説明を行うための表を示します。

最後の再起動時のエージェント バージョン

バージョンへのアップグレード

再起動は必須ですか?

9.16

9.18

必須ではありません

9.16

9.19

必須ではありません

9.16

9.20

必須ではありません

9.16

9.21

はい。最初にバージョン 9.20 にアップグレードし、その前に再起動します。 バージョン間の違いが異なるため、バージョン 9.21 へのアップグレード (9.16 最後の再起動が実行され、ターゲット バージョン 9.21) が 4 バージョンより大きくなります。

更新プログラムの情報

宛先 これらの問題を解決し、次のファイルをダウンロードしてインストールします。 マイクロソフト ダウンロード センター:

のために マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、 マイクロソフト ナレッジ ベースの記事に続く:

119591年 オンライン サービスからマイクロソフト のサポート ファイルを取得する方法

マイクロソフト このファイルをスキャンしてウイルスを検出しました。マイクロソフトは、最新のウイルス検出を使用しました ファイルが投稿された日付に利用可能だったソフトウェア。ファイルは セキュリティが強化されたサーバーに格納され、不正な変更を防ぐのに役立ちます。 をファイルに表示します。

必要条件

宛先 Microsoft Azure サイト回復プロバイダー更新ロールアップをインストールする 33 (バージョン 5.1.3900.0) には、次のいずれかのものが必要です。 インストール:

  • マイクロソフト Azure ハイパー V 回復マネージャー (バージョン 3.4.486 またはそれ以降のバージョン)

  • Microsoft Azure Azure サイト回復ハイパー V プロバイダー (バージョン 4.6.660 以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト回復プロバイダ (バージョン 5.1.3500) またはそれ以降のバージョン)

宛先 Microsoft Azure サイトの回復統合セットアップ更新ロールアップ 33 (バージョン) をインストールする 9.22.5109.1)、以下がインストールされている必要があります。

  • Microsoft Azure Azure サイトの回復統合セットアップ (VMware Azure) (バージョン 9.17)xxxx.xまたはそれ以降のバージョン)

注記 インストールされているプロバイダのバージョンは、プログラムと機能で確認できます。 コントロールパネルの項目。

参照情報

以下の 用語について学ぶ マイクロソフトは、ソフトウェア更新プログラムの記述に使用します。

サードパーティの情報に関する免責事項

サードパーティ製品 この記事では、独立した企業によって製造されている マイクロソフトの。当社は、そのパフォーマンスについて、黙示であるとにかかわらず、一日も保証を行いません。 またはこれらの製品の信頼性。

私たちは、第三者を提供します テクニカル サポートを見つけるのに役立つ連絡先と Web サイト情報。これ 情報は予告なしに変更されることがあります。当社は、この正確性を保証するものではありません。 第三者の情報。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×