Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

Azure 回復サービスは、Microsoft Azure のバックアップのために使用されると Azure にデータをトランスポートする Microsoft Azure のサイトのリカバリ ・ サービスの更新プログラムについて説明します。エージェントのこの更新プログラムには、次の新機能といくつかの信頼性が含まれている修正します。

拡張の保有期間の範囲

Microsoft Azure のバックアップでは、以上の 120 の回復ポイントの保有期間の範囲を提供します。これは、最大 1 日あたり 1 つのリカバリ ・ ポイントを 120 日間の変換します。この更新プログラムはこの制限を曲がり、毎週の頻度でバックアップをスケジュールすることができますようになりました。120 日間の回復ポイントの制限があってもユーザーは回復ポイントには 4 週間に 1 つの時間が設定されている場合、最大で 9 年間のリカバリ ・ ポイントを保持できます。

エージェント登録フロー

保護するには、サーバー上で Microsoft Azure 回復サービス エージェントをインストールする必要があり、サーバーは、ポータル上に作成されたバックアップに登録します。サーバーを登録するのには、自己署名証明書が必要でした。この更新プログラムでは、ユーザーの代わりに、ポータルから証明書を作成し、ポータルにアップロードし、ボルトの資格情報をダウンロードすることで、この操作性が向上します。

注 この機能拡張が Azure と Data Protection Manager (DPM) サーバーの登録はまだサポートされていません。DPM は、さらに更新するまで、証明書を使用する続行されます。

Windows Server 2012 R2 のコア製品をサポートします。

エージェントに、Windows Server 2012 R2 のコア製品のサポートが追加されました。Azure に Windows Server 2012 R2 のコアの SKU およびマイクロソフト ハイパー V サーバー 2012 R2 上で実行中の仮想マシンを保護するためには、このバージョンの Microsoft Azure サイトのリカバリ ・ サービスとエージェントを使用できます。

この更新プログラムに関する注意事項

  • エージェントを使用して、次のオペレーティング システムで、「ファイルとフォルダーのみのバックアップ」の機能を実行しますしますできます。

    • Windows Server 2008 R2 (GUI に基づいたすべてのエディション)

    • Windows Server 2012 (GUI に基づいたすべてのエディション)

    • Windows Server 2012 R2 (GUI に基づいたすべてのエディション)

  • エージェントを使用して、次のオペレーティング システム上でのみ、Microsoft Azure に仮想マシンを複製できます。

    • Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション、GUI と非 GUI の両方)


解決策

更新プログラムの情報

この更新プログラムは、 Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

必要条件

Microsoft システム センター Data Protection Manager、Azure へのバックアップ機能をシームレスにインストールする必要は次の更新プログラム。

  • システム センター 2012 Data Protection Manager Service Pack 1 のインストールは、 2966012を更新します。

  • システム センター 2012 R2 Data Protection Manager、については、インストールは、 2966014を更新します。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Cbpsetup.exe

2.0.8689.0

29,376

08-Sep-2014

10:57

x64

Cloudsharedinfra.dll

2.0.8689.0

87,240

08-Sep-2014

10:57

x86

Cloudutils.dll

2.0.8689.0

475,848

08-Sep-2014

10:58

x86

Interop.taskscheduler.dll

2.0.0.0

56,056

27-Aug-2014

15:14

x86

Lkrhdpm.dll

2.0.8689.0

86,208

08-Sep-2014

10:57

x64

Managedsetup.exe

2.0.8689.0

755,904

08-Sep-2014

10:58

x86

Managedsetup.exe.config

該当なし

169

27-Aug-2014

14:40

該当なし

Microsoft.vc110.crt.manifest

該当なし

543

27-Aug-2014

14:40

該当なし

Msvcp110.dll

11.0.51106.1

661,456

27-Aug-2014

14:40

x64

Msvcr110.dll

11.0.51106.1

849,360

27-Aug-2014

14:40

x64

Muauth_mini.cab

該当なし

7,699

27-Aug-2014

14:40

該当なし

Nativemethods.dll

2.0.8689.0

87,240

08-Sep-2014

10:57

x86

Traceprovider.dll

2.0.8689.0

59,072

08-Sep-2014

10:57

x64

Tracewrapper.dll

2.0.8689.0

87,744

08-Sep-2014

10:57

x64

Watsonintegrator.dll

2.0.8689.0

87,232

08-Sep-2014

10:57

x64

Wizardframework.dll

2.0.8689.0

270,536

08-Sep-2014

10:58

x86


ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×