Azure ファイル同期エージェント (プレビューの更新 1) の更新プログラムのロールアップ: 2018年 2 月

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

はじめに

この資料では、2018年 2 月付 Azure ファイル同期エージェント (プレビュー更新 1) の更新プログラムのロールアップで修正される問題について説明します。 さらに、この資料には、更新プログラムのインストール手順が含まれています。

機能強化と修正される問題

  • クラスターのフェイル オーバー処理の改善。

  • 信頼できるようにするのには、階層型ファイルの処理に改善します。

  • ドメイン環境の Windows Server 2008 R2 の有効なドメイン コント ローラーのシステム上のエージェントのインストールします。

  • を多数のファイルを持つサーバーに過剰な診断の生成を固定します。

  • セッション障害のエラー処理の改善。

  • ファイル転送の問題のエラー処理の改善。

  • 1 時間、9 月の有効な場合に CloudTiering を実行する既定の間隔を変更

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×