メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、 2019年4月の Azure ファイル同期エージェントの v6 リリースで修正されています。 また、この記事には更新プログラムのインストール手順も記載されています。

修正された改善と問題

  • エージェントの自動更新のサポート

  • Azure ファイル共有 Acl のサポート

    • Azure ファイルの同期は、常にサーバーエンドポイント間の Acl の同期をサポートしていますが、Acl はクラウドエンドポイント (Azure ファイル共有) に同期されていませんでした。 このリリースでは、サーバーとクラウドエンドポイントの間での Acl の同期のサポートが追加されています。

  • サーバーエンドポイントの同期セッションの並列アップロードとダウンロード

    • サーバーエンドポイントでは、同時にファイルのアップロードとダウンロードがサポートされるようになりました。 ダウンロードが完了するのを待っていないため、ファイルを Azure ファイル共有にアップロードすることはできません。

  • ボリュームと階層の状態を取得するための新しいクラウドの階層化コマンドレット

    • 2つの新しいサーバーローカル PowerShell コマンドレットを使用して、クラウドの階層化とファイルの呼び戻しの情報を取得できるようになりました。 これらのユーザーは、サーバー上の2つのイベントチャネルからのログ情報を利用できるようにします。

      • StorageSyncFileTieringResult には、すべてのファイルと、その理由について階層化されていないパスが一覧表示されます。

      • StorageSyncFileRecallResult は、すべてのファイル呼び戻しイベントを報告します。 これには、呼び戻したすべてのファイルとそのパスのほか、その取り消しの成功またはエラーが一覧表示されます。

    • 既定では、両方のイベントチャネルには 1 MB までしか保存できません。イベントチャネルサイズの増加によって報告されるファイルの量を増やすことができます。

  • FIPS モードのサポート

    • Azure ファイル同期エージェントがインストールされているサーバーでの FIPS モードの有効化がサポートされるようになりました。 

  • クラウドの階層化と同期のその他の信頼性の向上

Azure File Sync Agent v6 release の詳細情報

  • この更新プログラムは、windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、および Windows Server 2019 のインストールで利用できます。

  • 既存のエージェントインストールをアップグレードするには、Azure File Sync agent バージョン4.0.1.0 またはそれ以降のバージョンが必要です。

  • 更新プログラムのロールアップインストール中にファイルが使用されている場合は、再起動が必要になることがあります。

  • V6 リリースのエージェントバージョンは6.0.0.0 です。

Azure ファイル同期エージェントを取得してインストールする方法

Azure ファイル同期エージェントは Microsoft から入手できます Update、Microsoft Update Catalog、Microsoft ダウンロードセンター。 

注意事項

  • Azure ファイル同期エージェントが現在サーバーにインストールされていない場合は、Microsoft ダウンロードセンターでエージェントインストールパッケージを使用します。 Microsoft Update および Microsoft Update カタログのエージェントインストールパッケージは、エージェントのアップグレードのみを対象としています。

  • 既存のエージェントのインストールを更新するには、 (エージェントのインストールディレクトリにある) またはダウンロードと Microsoft Update または Microsoft Update カタログから更新プログラムをインストールします。

Publisher 更新

Microsoft Update を入手してインストールするには、次の手順に従います。 Azure ファイル同期エージェントがインストールされているサーバー:

サーバー2016とサーバー2019

  1. [スタート] をクリックし、[設定] をクリックします。

  2. [設定] で、[ & のセキュリティの更新] をクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[ Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. Azure ファイル同期エージェントの更新が表示されていることを確認し、[今すぐインストール] をクリックします。

Server 2012 R2

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロールパネルで、[ Windows Update] をダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[更新プログラムの確認] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムを使用できます] をクリックします。

  5. Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムが選択されていることを確認し、[インストール] をクリックします。

Publisher カタログの更新

[ Microsoft Update からこの更新プログラムを手動でダウンロードするには、次の web サイトをお持ちください インデックス

Microsoft ファイル同期エージェント v6リリース: 2019 年4月4489736)

手動で 更新パッケージをインストールし、昇格したコマンドから次のコマンドを実行します。 プロンプト

  • msiexec.exe /p packagename REINSTALLMODE = OMUS 再インストール = StorageSyncAgent、StorageSyncAgentAzureFileSync、StorageSyncAgentGuardFilter、StorageSyncAgentUpdater /qb/l * v KB4489736

たとえば、 サーバー2016用の Azure ファイル同期エージェント更新プログラムをインストールして、次を実行します。 コマンド

  • msiexec.exe /p StorageSyncAgent_WS2016_KB4489736 .msp REINSTALLMODE = OMUS 再インストール = StorageSyncAgent、StorageSyncAgentAzureFileSync、StorageSyncAgentGuardFilter、StorageSyncAgentUpdater /qb/l * v KB4489736

Publisher ダウンロードセンター

Microsoft ダウンロードセンターにアクセスして、 Azure File Sync Agent v6 releaseの完全なインストーラーリリースを手動でダウンロードします。

サイレントモードで実行する方法 新しいエージェントインストールのインストール

新しいエージェントのサイレントインストールを実行するには 既定の設定を使用するインストールの場合は、次のコマンドを実行します。 管理者特権のコマンドプロンプト:

  • msiexec/i packagename/qb /l * v AFSv6Installer

たとえば、Azure ファイル同期エージェントをインストールするには Windows Server 2016 の場合は、次のコマンドを実行します。

  • msiexec/i StorageSyncAgent_V6_WS2016 .msi /qb/l * v AFSv6Installer

注意事項

  • /Qb スイッチを使用して再起動のプロンプトを表示する (必要な場合)、エージェントの更新、およびサーバーの登録画面。 を非表示にするには 画面が自動的に再起動し、必要に応じて [/qn] スイッチを使用します。

  • サイレントインストールを実行するには カスタム設定は、KB4459986 に記載されている手順に従ってKB4459986ください。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×