はじめに

この記事では、次のバージョンの Microsoft Azure Site Recovery の更新プログラムのロールアップ43で修正された問題について説明します。

修正された問題とその解決方法について詳しくは、 受講 この更新プログラムをインストールする前に確認する必要があります。注: VMware から Azure DR リリースへの変更に対応するために、第2月に編集しました

必要条件

Microsoft Azure Site Recovery Provider 更新プログラムのロールアップ 43 (バージョン 5.1.5300.0) をインストールするには、次のいずれかがインストールされている必要があります。

  • Microsoft Azure Site Recovery Provider (バージョン5.1.4900 またはそれ以降のバージョン) (VMM または Hyper-v から Azure へ)

  • Microsoft Azure Recovery Services Agent (バージョン2.0.8700.0 またはそれ以降のバージョン) (VMM から Azure へ)

ノート インストールされているプロバイダーのバージョンは、コントロールパネルの [プログラムと機能] 項目で確認できます。

この更新プログラムで修正された機能と修正された問題

この更新プログラムをインストールした後、次の問題が修正され、次の機能強化が含まれます。

モバイルサービス (Azure から Azure へ)

機能追加

  • Linux OS のサポートの改善

    • RHEL 8.1

    • Ubuntu 18.04.3 (Kernel v 5.3)

修正された問題

  • 自動で壊れたファイルをクリーンアップします。プロセスサーバー上のファイルは完全に削除され、最初のレプリケーションワークフローが正常に完了します。

  • モビリティーエージェントのインストールの前提条件のチェックは、インストール前の surface WMI の破損エラーで強化されています。

Microsoft Azure Site Recovery (service)

機能追加

  • 再同期にかかる時間を最小限に抑えるために、高 churns のデータ処理が強化されました

  • 追加の検証は、ターゲットリソースの作成中に、無効な入力を回避するために追加されます。

  • 管理対象のディスクがターゲット地域で見つからない場合の、拡張不能な例外エラーメッセージ。

  • TLS 1.2 を、Hyper-v のすべてのサービスに対して有効にします。 円滑な接続を確保するために、オンプレミスサーバーで TLS 1.2 がサポートされていることを確認します。 詳細情報

修正された問題

  • Azure への HyperV で、ターゲットストレージアカウントでファイアウォールが有効になっているためにレプリケーションが失敗する問題を修正しました

Azure Site Recovery のオンプレミスコンポーネントの更新

オンプレミスの2つの VMM サイト間

  1. Microsoft Azure Site Recovery Providerの最新の更新プログラムロールアップをダウンロードする

  2. 回復サイトを管理しているオンプレミスの VMM サーバーに更新プログラムのロールアップを最初にインストールします。

  3. 回復サイトが更新されたら、プライマリサイトを管理している VMM サーバーに更新プログラムのロールアップをインストールします。

注意VMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) である場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしていることを確認してください。

オンプレミスの VMM サイトと Azure の間

  1. 更新プログラムのロールアップをダウンロードする Microsoft Azure Site Recovery Provider.

  2. オンプレミスの VMM サーバーに更新プログラムのロールアップをインストールします。

  3. 最新バージョンをインストールする Microsoft Azure Recovery Services エージェント すべての Hyper-v ホストの場合。

注:  VMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) である場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしていることを確認してください。

オンプレミス Hyper-v サイトと Azure の間

  1. 更新プログラムのロールアップをダウンロードする Microsoft Azure Site Recovery Provider.

  2. Azure Site Recovery に登録した Hyper-v サーバーの各ノードに、プロバイダーをインストールします。

注意Hyper-v が Host Clustered Hyper-v server である場合は、クラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしていることを確認してください。

注:  すべての最新の変更がソースコンピューターに読み込まれるようにするには、Mobility agent をアップグレードするたびに再起動を行うことをお勧めします。 これは必須ではありません。 ただし、エージェントのバージョンと前回の再起動のバージョンの違いが、最後の小数点以下の桁数の 4 (4) よりも大きい場合は、再起動が必須になります。 詳細な説明については、次の表を参照してください。

前回の再起動中のエージェントのバージョン

へのアップグレード

再起動は必須ですか?

9.25

9.27

必須ではありません

9.25

9.28

必須ではありません

9.25

9.29

必須ではありません

9.25

9.30

MandatoryFirst をバージョン9.29 にアップグレードした後、バージョン9.30 にアップグレードする前に再起動します (最後の再起動バージョンとターゲットバージョンの違いが4より大きいため)。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×