はじめに

この記事では、次のバージョンのMicrosoft Azure Site Recoveryの更新プログラム ロールアップ 61 で修正される問題について説明します。

修正される問題の詳細と、この更新プログラムをインストールする前に確認する必要がある前提条件について説明します。

必要条件

プロバイダー更新プログラム ロールアップ 61 Microsoft Azure Site Recoveryインストールするには、次のいずれかがインストールされている必要があります。

  • Microsoft Azure Site Recovery プロバイダー (バージョン 5.1.6800 以降)

  • Microsoft Azure Site Recovery 統合セットアップ (VMware から Azure) (バージョン 9.44.xxxx.x 以降)

  • Microsoft Azure Recovery Services エージェント (バージョン 2.0.9202.0 以降)

注:インストールされているプロバイダーのバージョンは、コントロール パネルの [プログラムと機能] 項目で確認できます。

この更新プログラムで修正された機能強化と問題

この更新プログラムをインストールすると、次の問題が修正され、次の機能強化が含まれます。

モビリティ サービス

機能追加

  • Debian 10 および Ubuntu 20.04 Linux ディストリビューションの追加カーネル リストのサポートが追加されました。

  • シン プロビジョニングされた LVM ボリュームのサポートが追加されました。

修正された問題

  • システムに RedHat カーネルが存在しない場合に、Oracle Linux オペレーティング システムを搭載したマシンへのモビリティ サービスのインストールが失敗する問題を修正しました。

  • セキュア ブートが Site Recovery ではサポートされていないため、セキュア ブートが "ON" に切り替えられた Linux マシンのブロックを追加しました。

  • ディスクのサイズ変更を処理するときにシステムクラッシュが発生する修正を追加しました。

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ] データのアップロードによって不要な再同期操作が発生する問題を修正しました。 

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ] Azure からオンプレミスへの再保護中の初期レプリケーションが応答しなくなる問題を修正しました。 

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ] 以前にレプリケーションが無効になっていたマシン上のモビリティ サービス エージェントの登録が失敗する問題を修正しました。  

Microsoft Azure Site Recovery (サービス)

機能追加

  • オンデマンド容量予約とSite Recoveryの統合のパブリック プレビューが公開されました。

Microsoft Azure Site Recovery (ポータル)

機能追加

Azure Site Recoveryオンプレミス コンポーネントの更新

2 つのオンプレミス VMM サイト間

  1. Microsoft Azure Site Recovery プロバイダー用の最新の更新プログラムロールアップをダウンロードします。

  2. 最初に、回復サイトを管理しているオンプレミスの VMM サーバーに更新プログラムロールアップをインストールします。

  3. 回復サイトが更新されたら、プライマリ サイトを管理している VMM サーバーに更新プログラムロールアップをインストールします。

                注 VMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしてください。

オンプレミスの VMM サイトと Azure の間

  1. Microsoft Azure Site Recovery プロバイダーの更新プログラムロールアップをダウンロードします。

  2. オンプレミスの VMM サーバーに更新プログラムロールアップをインストールします。

  3. 最新のMicrosoft Azure Recovery Services エージェントをすべての Hyper-V ホストにインストールします。

 VMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしてください。

オンプレミスの Hyper-V サイトと Azure の間

  1. Microsoft Azure Site Recovery プロバイダーの更新プログラムロールアップをダウンロードします。

  2. Azure Site Recoveryに登録した Hyper-V サーバーの各ノードにプロバイダーをインストールします。

                注 Hyper-V がホスト クラスター化 Hyper-V サーバーの場合は、クラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしてください。

オンプレミスの VMware または物理サイトから Azure への間

  1. 統合セットアップMicrosoft Azure Site Recoveryダウンロードして、オンプレミス管理サーバーを 更新します。 これは、構成サーバーとプロセス サーバーの役割を持つサーバーです。

  2. スケールアウト プロセス サーバーがある場合は、次に統合セットアップMicrosoft Azure Site Recovery実行して更新します。

  3. Azure portalに移動し、[レプリケートされたアイテム] ページ> [保護されたアイテム] ページに移動します。 このページで VM を選択します。 各 VM のページの下部に表示される [エージェントの更新] ボタンを選択します。 これにより、保護されているすべての VM でモビリティ サービス エージェントが更新されます。

注: 自分の組織と、予定表の共有相手であるユーザーの組織が Office 365 または Exchange を介してフェデレーションされている場合、招待には 2 つのボタンもあります。SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3、SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4、RHEL5、CentOS 5、DEBIAN7、DEBIAN8 マシンを更新または保護する場合は、次の手順に従ってください。

  1. マシンに適したインストーラーをダウンロードする –

  2. Virtual Machinesをアップグレードまたは保護する前に、インストーラーを Configuration Server と Scale Out プロセス サーバーの INSTALL_DIR\home\svsystems\pushinstallsvc\repository フォルダーにコピーします。 たとえば、構成サーバー/プロセス サーバーのインストール パスが C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery の場合、フォルダー名を次に示します。

    • C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery\home\svsystems\pushinstallsvc\repository

  3. インストーラーをコピーした後、 services.msc に移動し、 InMage PushInstall サービスを再起動します。

注: すべての最新の変更がソース コンピューターに読み込まれていることを確認するには、モビリティ エージェントをアップグレードするたびに再起動することをお勧めします。 これは必ずしも必須ではありません。 ただし、最後の再起動からのエージェント バージョンとターゲット バージョンの差が小数点以下 4 桁を超える場合は、再起動が必須です。 詳細な説明については、次の表を参照してください。

最後の再起動中のエージェントのバージョン

へのアップグレード

再起動は必須ですか?

9.25

9.27

必須ではありません

9.25

9.28

必須ではありません

9.25

9.29

必須ではありません

9.25

9.30

必須

最初にバージョン 9.29 にアップグレードしてから、バージョン 9.30 にアップグレードする前に再起動します (前回の再起動バージョンとターゲット バージョンの違いは 4 より大きいため)

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×