Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

  • 現在の登録の詳細を取得するための PEP を追加しました。Remove-Registration の古いオブジェクト クリーンアップ。

  • ファイル共有で収集することで、SDN ロールのログ収集の信頼性が向上しました。

以前の修正プログラム リリースからロールアップされた修正プログラム

  • "VM 配置にアクセスできないノード" というアラートが誤って発生する問題を修正しました。

  • seedringservices の無効な修復インターフェイスを削除しました。

  • 物理ノードでの SDN ネットワークの信頼性が向上しました。

  • 無効になった winrrm ランナー

  • バグ チェックを修正し、クラスター共有ボリュームに対して外部キー保護機能を適用しました。

  • SRP バックグラウンド使用ジョブの KVS 競合状態により、ストレージ アカウントが部分的に復元される可能性がある問題を修正しました。

  • トンネルが別の GW VM に移動され、VGW が削除された場合に、仮想サブネットがクリーンアップされない問題を修正しました。

  • 登録と内部シークレットのローテーションが失敗する可能性がある問題を修正しました。

  • 内部シークレットローテーションの問題を修正しました。これにより、次の更新でエラーが発生する可能性があります。

  • クラッシュ ダンプ設定にメモリ固有の設定を追加しました。

  • ポータルへのアクセスに影響を与えるデータベース アクセスに関する潜在的な問題を軽減するために、SQL VM を再起動しました。

  • TableServer の ESENT エラー 59 イベントによってトリガーされた、修復された SMB ハンドル無効化の問題。

  • UpdateReadiness として AzsInfraRoleSummary Test-Azurestack テストが含まれています。

  • パッチ &更新中に ERCS メモリの負荷を修復しました。

  • 内部シークレット ローテーションにデプロイ プロバイダー ID 証明書を含めます。

  • ネットワーク コントローラーの安定性が向上しました。

  • 診断を支援するために、ネットワーク コントローラーのログリテンション期間が増加しました。

  • 既定では、Get-AzureStackLog コレクションの一部として Get-NetViewが追加されました。

  • 証明書検証エラーが原因でマーケットプレースのダウンロードが失敗する可能性がある問題を修正しました。

  • HealthAgent バイナリ 切り替えロジックが改善されました。

  • パッチ & Update (PnU) 後のクラスター共有ボリュームの再バランスが改善されました。

  • ADSI を使用して HealthAgent でローカル グループ メンバーをフェッチしました。

  • 不足しているレコードを追加しました。WASP VM は、スケール インおよびスケールアウト中に DNS コマンドレットを使用してレコードとゾーンを同期できませんでした。

  • PnU 中のストレージ サービスの信頼性が向上しました。

  • 内部ロード バランサーの作成時に問題が発生したパブリック IP クォータの検証を削除しました。

  • VM の削除の信頼性の向上: クラスターに完全に作成または追加できなかった新しい VM が削除されるようにします。

  • クラスター共有ボリュームでキー保護機能を確認して適用します。

  • 更新操作と管理者操作が失敗する原因となる "アクセス拒否" の問題を修正しました。

  • WhsFaultScanner がスタックしたときに再起動し、ユーザーに対してアラートが正しく生成されるようにする問題を修正しました。

  • ストレージ再生成テレメトリ イベントが生成されないオーケストレーションバグを修正しました。

  • 後続の更新プログラムのダウンロードの信頼性に影響する問題を修正しました。

  • オーケストレーターテレメトリに基づいてエラーを診断する機能が向上しました。

  • 2005 PnU の間にシステム内部サブスクリプションにシステム ストレージ アカウントを移動する際の SRP 競合状態を修正しました。

  • サーバー待機時間メトリックの時間単位スケーリング エラーを修正しました

  • ポータルへのアクセスに影響を与えるデータベース アクセスに関する潜在的な問題を軽減するために、SQL VM を再起動しました。

  • 削除されたストレージ アカウントの保持期間の構成が元に戻される問題を修正しました。

  • ストレージ BLOB とテーブル サービスの信頼性が向上しました。

  • Send-AzureStackDiagnosticLog PEP コマンドレットの問題に対処しました。

  • 更新エラーが発生したときの HRP 修復時間を長くしました。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、バージョン 1.2005.6.53 以降が必要です


大事な 2005 更新プログラムのリリース ノートで説明されているように、Test-AzureStack の実行に関する更新アクティビティ チェックリスト (パラメーターを指定) を参照し、すべての警告とエラーを含む運用上の問題を解決してください。 また、アクティブなアラートを確認し、アクションが必要なアラートを解決します。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。 次に、Microsoft Learn Web サイトの [Azure Stack で更新プログラムを適用する] ページの指示に従って、この更新プログラムを Azure Stack に適用します。

zip ファイルを今すぐダウンロードします。

修正プログラム xml ファイルを今すぐダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub の更新リソース

Azure Stack での更新の管理の概要

Azure Stack で更新プログラムを適用する

特権エンドポイントを使用して Azure Stack の更新プログラムを監視する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×