Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

  • PEP コマンドレットで監査スキャナーの正常性アラートを発生させる可能性がある問題を修正しました。

  • seedringservices の無効な修復インターフェイスを削除しました。

  • 物理ノードでの SDN ネットワークの信頼性が向上しました。

  • 有効な SQL コンテナー ログ。

  • "VM 配置にアクセスできないノード" というアラートが誤って発生する問題を修正しました。

  • 1910 リリースより前に行われた Azure Stack 登録のリモート管理を有効にする問題を修正しました。

以前の修正プログラム リリースからロールアップされた修正プログラム

  • ホスト ノードの更新の信頼性が向上しました。

  • 物理ホスト、ネットワーク コントローラー、ゲートウェイ、ロード バランサーでのディスク領域の枯渇に対する重大な修正。

  • 継続トークンを使用したリソース配列のリモート管理リソース レプリケーションを修正しました。

  • SRP バックグラウンド使用ジョブの KVS 競合状態により、ストレージ アカウントが部分的に復元される可能性がある問題を修正しました。

  • トンネルが別の GW VM に移動され、VGW が削除された場合に、仮想サブネットがクリーンアップされない問題を修正しました。

  • 登録と内部シークレットのローテーションが失敗する可能性がある問題を修正しました。

  • 内部シークレットローテーションの問題を修正しました。これにより、次の更新でエラーが発生する可能性があります。

  • 多数のサブスクリプションを持つ NRP の内部シークレット ローテーションに関する問題に対処しました。

  • 起動後の ERCS への接続に関する問題を軽減しました。

  • 将来のバージョンへのアップグレードに関する潜在的な問題を軽減しました。

  • 正常性ランナーと抑制された障害のあるアラートに基づいてメモリ リークに対処しました。

  • クラッシュ ダンプ設定にメモリ固有の設定を追加しました。

  • パッチ &更新中に ERCS メモリの負荷を修復しました。

  • UpdateReadiness として AzsInfraRoleSummary Test-Azurestack テストが含まれています。

  • IoT Hubの証明書のローテーションが "内部実行エラー" で失敗する問題を修正しました。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、バージョン 1.2008.13.88 以降が必要です


大事な 2008 更新プログラムのリリース ノートで説明されているように、Test-AzureStack の実行に関する更新アクティビティ チェックリスト (指定されたパラメーターを使用) を参照し、すべての警告やエラーを含め、見つかった運用上の問題を解決してください。 また、アクティブなアラートを確認し、アクションが必要なアラートを解決します。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。 次に、Microsoft Learn Web サイトの [Azure Stack で更新プログラムを適用する] ページの指示に従って、この更新プログラムを Azure Stack に適用します。

zip ファイルを今すぐダウンロードします。

修正プログラム xml ファイルを今すぐダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub の更新リソース

Azure Stack での更新の管理の概要

Azure Stack で更新プログラムを適用する

特権エンドポイントを使用して Azure Stack の更新プログラムを監視する

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×