BizTalk Server での TLS 1.2 プロトコルのサポート

現象

この更新プログラムでは、BizTalk Server にトランスポート層セキュリティ (TLS) プロトコルのバージョン 1.2 のサポートを追加します。

解決方法

BizTalk Server の以下の更新プログラムでこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新 52016 の BizTalk Server の

BizTalk Server 2013年の R2 の累積的な更新 8

BizTalk Server 2013年の累積的な更新プログラム 7

必要条件

この更新プログラムを適用する前に、すべての BizTalk Server のシステムでSQL Server 2012 のネイティブ クライアント バージョン 11をインストールしてください。累積的な更新プログラムを適用する前に、SQL ネイティブ クライアントがインストールされていない、インストールが完了しない可能性があります。

詳細

TLS 1.2 が BizTalk Server で完全にサポートされています。これには、すべてのアダプターとアクセラレータが含まれます。SSL や TLS 1.0 では、TLS 1.1 を BizTalk Server で無効にすることもできます。

キー情報:

  • BizTalk Server と通信するすべての外部システムでは、TLS 1.2 もサポートする必要があります。

  • Functoid などの任意のカスタム コードは、TLS 1.2 をサポートするように更新する必要があります。

TLS 1.2 環境をセットアップする方法の詳細についてを参照して、「オプション 1: TLS 1.2 プロトコルに切り替える」次の資料、マイクロソフト サポート技術情報のセクション。

3155464 MS16-065: TLS と SSL プロトコルの情報漏えいの脆弱性 (CVE-2016-0149) の説明: 2016 5 月 10 日

関連情報

サービス パックおよび BizTalk Server の累積的な更新の一覧

BizTalk Server の修正プログラムと累積的な更新プログラムのサポートについて

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×