Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

Microsoft BizTalk Server 2013年の累積的な更新プログラム パッケージ 2 には、BizTalk Server 2013年のリリース後に解決された BizTalk Server 2013年の問題に対する修正プログラムが含まれています。

それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しく更新プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の BizTalk Server 2013年に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムがリリースを更新します。最新リリースの BizTalk Server 2013年の更新を適用することを検討することをお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージに関する重要な注意事項



累積的な修正プログラム パッケージには、すべてのコンポーネント パッケージが含まれています。ただし、累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。

注 BizTalk Server の最新の service pack または累積的な更新プログラム パッケージに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

BizTalk Server の2555976サービス パックと累積的な更新の一覧

詳細

この累積的な更新プログラム パッケージは、次の項目が含まれているプログラムのロールアップ更新です。

  • BizTalk Server 2013年のすべての以前にリリースされた修正プログラム

  • BizTalk Server 2013年を向上させるその他の修正の一部

詳細についてはマイクロソフト製品の更新プログラムを記述するために使用される用語について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

累積的な更新に含まれている BizTalk Server 2013年の修正プログラム パッケージの BizTalk Server 2013年の 2

BizTalk Server 2013年用の累積的な更新プログラム 2 に含まれている修正プログラムについて説明するサポート技術情報は、利用可能になったとしてリリースされています。BizTalk Server の問題を解決するには、修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。


BizTalk Server EDI サポート

サポート技術情報番号

説明

2777584

FIX"maxOccurs"属性の値は有効な BizTalk Server 2013年で BizTalk Server 2010 または BizTalk EDI アプリケーションで BizTalk X 12 835 の EDI スキーマを検証するときに

2778133

Orin BizTalk Server 2013年の BizTalk Server 2010 で暗号化された AS2 メッセージと非同期 MDN を受信しようとするとき、修正プログラム: メッセージは中断されます。

2882453

005010 x 306 (820) と 005010 x 220 (834) BizTalk Server 2013年、BizTalk Server 2010 では、BizTalk Server 2009年の修正: を HIX の EDI トランザクションをサポートします。


BizTalk Server アダプター

サポート技術情報番号

説明

2855762

または BizTalk Server 2013年で BizTalk Server 2010 でデータベースから結果セットを返す SQL アダプターの WCF ベースの一方向の送信ポートを使用する場合に SQL 接続リークを修正:

2813294

修正: BasicHttp-双方向 WCF の受信ポート「メッセージのルーティングに失敗しました」機能を有効にすると、BizTalk Server 2010 または BizTalk Server 2013年での WCF クライアントに応答しません。

2859398

FIX BizTalk Server 2013年メッセージを受信できません、ドキュメント ライブラリのビューとは、SharePoint のオンライン ライブラリから


BizTalk Server メッセージの実行時、パイプライン、および追跡

サポート技術情報番号

説明

2777584

FIX"maxOccurs"属性の値は有効な BizTalk Server 2013年で BizTalk Server 2010 または BizTalk EDI アプリケーションで BizTalk X 12 835 の EDI スキーマを検証するときに

2823757

FIX BizTalk ホスト プロセスで、メモリ消費が増加または BizTalk Server 2013年で BizTalk Server 2010 のキューにメッセージがない場合

2835689

FIX InnerText プロパティ書き込み専用「エラー メッセージ」BizTalk Server 2010 または BizTalk Server 2013年の System.Xml.XmlDocument を使用する場合

2802453

修正: 受信場所のパイプラインを BizTalk Server 2010 または BizTalk Server 2013年では、スキーマ アセンブリを更新した後に、パススルーに戻ります

2851429

修正: XpathMutatorStream クラスは正常に動作しない BizTalk Server 2013年の持つ XmlDocuments に対して Xpath ステートメントを実行すると、

2891320

修正: 高い CPU 使用率が、コンピューターに BizTalk Server 2013年と SQL Server 2012 をインストールした後


BizTalk Server 管理ツールや管理 Api

技術情報資料
番号

説明

2885488

メッセージ ボックス ビューアー用の更新プログラムは累積的な更新 2 を Microsoft BizTalk Server 2013年で使用できます。


BizTalk Server ESB Toolkit

サポート技術情報番号

説明

2849475

BizTalk Server 2013年で ESB の Toolkit 2.2 から WCF サービスを参照すると、FIX「が見つかりません」エラーが発生

2848425

FIX:"ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした ' Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient バージョン = 5.0.1.0"BizTalk Server 2013年で ESB の構成ツールを使用するとエラーが発生


BizTalk Server 2013年の累積的な更新プログラム パッケージ 2 の入手方法

BizTalk Server は、修正プログラムおよび更新を提供するための累積的な更新プログラム (CU) モデルを使用します。それぞれの累積的な更新プログラムには、新しい更新プログラムと同様にすべての以前の累積的な更新プログラムに含まれている更新プログラムが含まれています。 テストとし、すべての BizTalk 環境に最新の CU を適用することをお勧めします。

今後の累積的な更新では、すべての新しい修正プログラムが公開されたら。報告された問題が重要なビジネスに多大な影響を持つ、回避策がない場合、スタンドアロンの修正プログラムは次の累積的な更新の前に提供されます。スタンドアロンの更新プログラム (存在する場合) は、最新の前提条件として、累積的な更新プログラムをリリースする必要があります。

累積的な更新がダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部にある「修正プログラム ダウンロード使用可能な"セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、累積的な更新パッケージを入手するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートにお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×