Configuration Manager バージョン2002テナントの添付の問題の更新プログラムのロールアップ

現象

ノートこの更新プログラムのロールアップは、最新の更新プログラムのロールアップに含まれています。 以下の一覧の新しいバージョン2002更新プログラムのロールアップをインストールすることをお勧めします。

サポート技術情報4560496の更新プログラムロールアップ (Microsoft Endpoint Configuration Manager バージョン 2002)

Microsoft Endpoint Configuration Manager の現在のブランチ、バージョン2002の更新プログラムを使用すると、次のテナントの添付関連の問題を解決することができます。

  • 展開の重複がオンプレミスの構成マネージャー環境に表示されることがあります。 これは、共同管理対象のデバイスを対象とした、Microsoft Endpoint Manager 管理センターで既存の割り当てエンドポイントの検出と応答 (EDR) ポリシーの割り当てを編集した後に発生します。

  • クライアントは、ポリシーをターゲットコレクションに展開した後、Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) に展開することはできません。これは、次のレジストリキーが存在しない場合に発生します。 \SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Advanced Threat Protection を HKEY_LOCAL_MACHINE します。 次のようなエラーがクライアントの ATPHandler に記録されます。

ATPHandler: ATP サービスが実行されていません。オンボードATPHandler: エラー、Windows Advanced Threat Protection 名前空間はレジストリに存在しません。 ATPHandler: CATPHandler:: GenerateAndRunScript:ATPHandler: CATPHandler:: SetBlobInRegistry: 0x80004005ATPHandler: CATPHandler:: HandleOnboardingRule: の failure

この更新プログラムをインストールした後、ポリシーの展開時に分析ツールのレジストリキーが存在しない場合は作成されます。

  • 管理センターのデバイスブレードは、読み込みに30秒ほどかかることがあります。

 

 

Microsoft Endpoint Configuration Manager の現在のブランチの更新情報、バージョン2002

この更新プログラムは、前回の更新リングまたはバージョン2002のグローバルな利用可能なビルドを使用してインストールされた環境向けに、構成マネージャーコンソールの [更新とサービス] ノードで利用できます。また、テナントのアタッチ処理は完了しています。

必要条件

Configuration Manager テクノロジの採用プログラム (タップ) のメンバーが、Configuration Manager バージョン2002の場合は、この更新プログラムが表示される前に、プライベートタップロールアップを適用する必要があります。

以前の更新プログラムリングバージョンの2002をインストールしたユーザーは、まず、次の更新プログラムを適用する必要があります。 KB 4553501: Microsoft Endpoint Configuration Manager バージョン2002、以前の更新プログラムのリングの更新プログラム

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

追加のインストール情報

プライマリサイトにこの更新プログラムをインストールした後、既存のセカンダリサイトを手動で更新する必要があります。 Configuration Manager コンソールでセカンダリサイトを更新するには、[管理] をクリックし、[サイトの構成] をクリックし、[サイト] をクリックします。次に、[セカンダリサイトの回復] をクリックし、セカンダリサイトを選びます。 次に、プライマリサイトで、更新されたファイルを使用して、そのセカンダリサイトを再インストールします。 セカンダリサイトの構成と設定は、この再インストールの影響を受けません。 このプライマリサイトの下にある新しい、アップグレードされたセカンダリサイトは、この更新プログラムを自動的に受け取ります。

サイトデータベースで次の SQL Server コマンドを実行して、セカンダリサイトの更新バージョンが親プライマリサイトのものと一致するかどうかを確認します。

select dbo.fnGetSecondarySiteCMUpdateStatus ('SiteCode_of_secondary_site')

1が返されると、サイトは最新の状態になり、すべてのホットフィックスが親プライマリサイトに適用されます。

0が返される場合、サイトにはプライマリサイトに適用されているすべての修正プログラムがインストールされていません。セカンダリサイトを更新するには、[セカンダリサイトを復元] オプションを使用する必要があります。

ファイル情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

adminservice.controllers.dll

5.0.8968.1026

70008

10-May-2020

00:00

x86

adminservice.host.dll

5.0.8968.1026

158072

10-May-2020

00:00

x86

cm2002-client-kb4563473-i386.msp

アプリケーションではありません。

1232896

10-May-2020

00:00

Not Applicable

cm2002-client-kb4563473-x64.msp

アプリケーションではありません。

3723264

10-May-2020

00:00

Not Applicable

cmgsconfiguration.xml

アプリケーションではありません。

4444

10-May-2020

00:00

Not Applicable

cmupdate.exe

5.00.8968.1026

25220464

10-May-2020

00:00

x64

microsoft.configurationmanager.serviceconnector.dll

5.0.8968.1026

391024

10-May-2020

00:00

x86

setupcore.dll

5.00.8968.1026

26601840

10-May-2020

00:00

x64

 

参照情報

テナント添付ドキュメント

Configuration Manager の更新とサービス

Microsoft でソフトウェアの更新について説明する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×