CRM アプリケーション ・ グリッドの Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、アルファベット バーをカスタマイズする方法

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 4.0 の更新プログラムのロールアップの 15 を持つ Microsoft Dynamics CRM の 4.0.Starting の CRM アプリケーション グリッドの下部に表示されているアルファベット バーをカスタマイズする方法について説明、アルファベット バーをカスタマイズすることができます。 組織レベル、つまり、同じカスタマイズされたアルファベット バーは、ユーザーが Microsoft Dynamics CRM 組織にアクセスすると表示されます。

詳細情報

アルファベット バーをカスタマイズするには、次の手順を実行します。

  1. 抽出し、Microsoft.Crm.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe を構成します。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

    2479288 取得し、Microsoft Dynamics CRM 4.0 の構成で組織レベルの設定を変更する新しいツールが使用可能

  2. ツールでは、特定の CRM 組織のすべてのカスタマイズ可能な設定を取得または設定を変更する必要があり、新しい値の名前を指定することでこれらの設定を変更することができます。 アルファベット バーのカスタマイズを制御する設定と呼びます"JumpBarAlphabetOverride"にします。

  3. ツールを実行するには、ツールと関連付けられているファイルの保存場所のフォルダーでコマンド プロンプトを開くし、次のコマンドを実行します。

    Microsoft.CRM.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe 更新 MyOrganization JumpBarAlphabetOverride"NewAlphabetBarDefinition"

  4. 既定の定義には、アルファベット バーをリセットするには、同じコマンドを実行が、定義として空の文字列を渡します。

    Microsoft.CRM.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe MyOrganization JumpBarAlphabetOverride の更新""

アルファベット バーの定義

アルファベット バーの定義には、ラベルおよびラベルがクリックされたときに、検索する値のコンマ区切りのリストのフォームがあります。 米国英語の CRM のバージョンの既定の定義は次のとおりです。

(#: 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |9),(A:a),(B:b),(C:c),(D:d),(E:e),(F:f),(G:g),(H:h),(I:i),(J:j),(K:k),(L:l),(M:m),(N:n),(O:o),(P:p),(Q:q),(R:r),(S:s),(T:t),(U:u),(V:v),(W:w)、(X:x),(Y:y),(Z:z)注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 文字セット間では、スペースをすることはできません。

例 1

交換することが"a"の複数のバージョンの結果が返される"A"として表示されるラベルの文字を表示するには、(A:) とは、この文字列で (A: | ä | á | æ | ã)。 各文字後、ジャンプ先の条件にパイプ文字 (|) で区切られた、コロン (:) が検索されます。 [組織の設定を更新するにはするし、次のコマンドを使用してツールを実行する必要があります。

Microsoft.CRM.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe MyOrganization JumpBarAlphabetOverride を更新する」(#: 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |9),(A:a|ä|á|æ|ã),(B:b),(C:c),(D:d),(E:e),(F:f),(G:g),(H:h),(I:i),(J:j),(K:k),(L:l),(M:m),(N:n),(O:o),(P:p),(Q:q),(R:r),(S:s),(T:t),(U:u),(V:v),(W:w),(X:x),(Y:y),(Z:z)"

例 2

名ごとに複数のジャンプ ポイントがある場合にラベルと値のペアのリストを拡張することもできます。 したがって、だけでなく、ラベルの文字"A"として表示される、"A"の範囲のサブセットだけをカバーする他のラベルの検索値のペアの範囲を持つことができます。 交換することがこれを実現するには、(A:) と (アルファベット バーの定義に A:a),(Aa-Am:aa|ab|ac|ad|ae|af|ag|ah|ai|aj|al|am),(An-Az:an|ao|ap|aq|ar|as|at|au|av|ax|ay|az)。 "A"に対応するすべての項目から、この方法でフィルターできます Aa-Am の範囲または」Az、「範囲内のアイテムのみの項目だけです。 次のコマンドを使用してツールを実行するとします。

Microsoft.CRM.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe MyOrganization JumpBarAlphabetOverride を更新する」(#: 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |9),(A:a)、(Aa-Am:aa | ab | ac | 広告 | ae | af | ag | ああ | ai | aj | al | am)、(Az、: | ao | ap | aq | ar | と | で | au | av | ax | 接続されて | az),(B:b),(C:c),(D:d),(E:e),(F:f),(G:g),(H:h),(I:i)、(J: j),(K:k),(L:l),(M:m),(N:n),(O:o),(P:p),(Q:q),(R:r),(S:s),(T:t),(U:u),(V:v),(W:w),(X:x),(Y:y),(Z:z)]

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×