DFSR サービスを使用して、Windows Server 2008 R2 ベースのドメイン環境でファイルをレプリケートすることはできません。

現象

次のような状況を考えます。

  • Windows Server 2008 R2 ベースのドメイン環境では、分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) サービスを使用します。

  • 分散ファイル システム (DFS) レプリケーション グループは、ドメイン環境であります。

  • DFS レプリケーション グループ内のファイルをレプリケートするのにには、DFSR サービスを使用します。いくつかのファイルのサイズが大きいのです。たとえば、ファイルのサイズは、10 gb (ギガバイト) です。

このシナリオでは、大容量のファイルはレプリケートできません。

注:

  • レプリケーション接続が開かれ、頻繁に終了し、通常、この問題が発生します。これは、スケジュールされたレプリケーション ・ ジョブまたは信頼性の低いネットワーク接続で発生します。

  • DFSR デバッグ ログには、レプリケートされたファイルの部分的なコピーが保存され、削除を示す情報があります。などの問題が発生すると、DFSR デバッグ ログに次の情報が生成されます。
    20121031 08:32:17.168 2376 RDCX 882 [WARN] Rdc::SeedFile::Initialize (Ignored) Abandoning candidate file . uid:{C5B5CBC3-EAFF-4C3B-9F5F-BC5C27EC44A8}-v103 gvsn:{C5B5CBC3-EAFF-4C3B-9F5F-BC5C27EC44A8}-v104 fileName :
    ri2k3-dc1.vhd csId:{A739B084-9C47-4514-97DB-D8E4344D6438}
    Candidate(uid:{C5B5CBC3-EAFF-4C3B-9F5F-BC5C27EC44A8}-v103
    gvsn:{C5B5CBC3-EAFF-4C3B-9F5F-BC5C27EC44A8}-v104
    fileName:104-{C5B5CBC3-EAFF-4C3B-9F5F-BC5C27EC44A8}-v103-{C5B5CBC3-EAFF-4C3B-9F5F-BC5C27EC44A8}-v104- Partial.frx )
    + [Error:9048(0x2358) StageReader::Serialize staging.cpp:529 2376 C The compressed data is invalid ]
    + [Error:9048(0x2358) Rdc::StagingClosure::Run rdc.cpp:3947 2376 C The compressed data is invalid]
    + [Error:9048(0x2358) Rdc::Common::StageFile rdc.cpp:3574 2376 C The compressed data is invalid]
    + [Error:9048(0x2358) StreamToIndex rdc.cpp:529 2376 C The compressed data is invalid]
    + [Error:9048(0x2358) SignatureGenerator rdc.cpp:279 2376 C The compressed data is invalid]
    + [Error:9048(0x2358) XpressUncompressReader::Read xpressstreams.cpp:1379 2376 C The compressed data is invalid]
    + [Error:9048(0x2358) XpressUncompressReader::Read xpressstreams.cpp:1323 2376 C The compressed data is invalid]

原因

DFSR が無効なものとしてレプリケートされたファイルの部分的なコピーと見なされるために、この問題が発生します。サイズの大きなファイルは、1 つのセッションではレプリケートされず、レプリケーション ・ プロセスが停止された位置から続行できるように、DFSR は、レプリケートされたファイルの部分的なコピーを保存します。ファイルの部分的なコピーは、DFSR によって無効と見なされ、その DFSR がレプリケーション ・ プロセスを再スタートするが。ただし、レプリケーション接続は、レプリケーション ・ プロセスを完了するのに十分な時間が開いたことがないです。したがって、サイズの大きいファイルはレプリケートできません。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×