DMF または Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の MDM から 1 つのバケットを分離します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

テンプレート: AX の修正プログラムのテンプレート

BUG #:コンテンツのメンテナンス (xxxxx)

現象

Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の複数の展開をしているお客様は、すべての展開の間でマスターまたは参照データを簡単に共有できません。現在の共有には、非常に壊れやすいため、完全には 1 つのマスター データ管理のシナリオ、複数のマスター、競合の解決、および同期のオプションを選択するテーブルのレプリケーションを使用して実装されます。

原因

マスター データ管理 (MDM) は、Microsoft Dynamics AX 2012 の R3 でだけ導入されました。Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 には、このシナリオをサポートする機能は存在しません。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/support/お客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。


「解決方法」セクションでは、最新 service pack または修正プログラムとして、この修正プログラムが提供されているかを示しています。比較およびテストには、オリジナルの修正プログラムはhttp://hotfix web サイトで利用可能です。

MDM の機能の概要

MDM は、Dynamics AX 2012 の複数のインスタンス間でマスター データ レコードを同期できるようにする Microsoft Dynamics AX 2012 の機能です。作成してマスター データの同期コピーを維持する、顧客や製品データは、Dynamics AX 2012 のインスタンス間で共有されているなど、重要な情報の整合性を保証することができます。マスター データは、中央のデータ ストアに格納されます。この中央ストアは、定義されたスケジュールの各インスタンスについて Dynamics AX 2012 で、データを同期します。MDM は、データの同期をサブスクライバーとして、中央のデータ ストアと Dynamics AX 2012 のデータのインポート/エクスポート フレームワーク エンティティとしての Microsoft SQL Server マスター データ サービス (MDS) を使用します。MDM は、顧客、ベンダー、従業員、グローバル アドレス帳、および製品のエンティティの同期をサポートするために構成済みです。MDM. For で他のデータのインポート/エクスポートのエンティティをサポートして、詳細な機能の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動するのにはカスタマイズを作成することもできます。

Microsoft Dynamics AX [AX 2012] に、マスター データ管理

インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用する必要があります。
この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を893082

MDM の機能を使用して KB2956617 をインストールします。

MDM は、データの同期をサブスクライバーとして、中央のデータ ストアと Dynamics AX 2012 のデータのインポート/エクスポート フレームワーク エンティティとしての Microsoft SQL Server マスター データ サービス (MDS) を使用します。

https://support.microsoft.com/hotfix/KBHotfix.aspx?kbnum=2956617

MDM エンティティ テーブルでは、こうしたプロパティを有効にする KB2988262 をインストールします。

MDM のエンティティで使用されるテーブルでは、こうしたプロパティを有効になっている必要があります。テーブルでこのプロパティを有効にする個別の修正プログラムがあります。推奨される修正プログラムをインストールするのにには、次の情報を使用します。

https://support.microsoft.com/hotfix/KBHotfix.aspx?kbnum=2988262MDM. こので使用されているすべてのテーブルに対して有効にするプロパティは、こうしたは必須です。MDM のハブからの変更でこれらのテーブルに、ローカルの変更を区別するためにこれが必要です。

手動で変更

別の方法としては、こうしたプロパティのテーブルに手動で変更します。正常に動作することを確認するには、するためには、MDM のエンティティ (たとえば、ここでは MdmMDMFVendorEntityCTQuery) の変更の追跡クエリのデータ ソースを反復処理し、テーブルごとにこうしたプロパティを有効にします。こうしたプロパティを有効にする必要はありませんがテーブルを含むエンティティでは、次の例外をスローします。Exception of ModifiedBy property
OOB のエンティティを変更する必要があるテーブルは、次のように。

  • DimensionAttribute

  • DimensionAttributeValue

  • EcoResProduct

  • InventDim

  • Invent テーブル

  • PayrollEarningCode

  • ServiceCodeTable_IN

  • Tax1099Fields


必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている以下の製品が必要です。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2

  • マスターと、SQL Server Enterprise Edition のデータ サービスと統合サービス

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×