EdgeTransport.exe プロセスは、Exchange Server 2010 環境での不適切な電子メール アドレスが含まれているルールを適用するとクラッシュします。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft Exchange Server 2010 環境では、メールボックスを作成します。

  • Outlook を使用してメールボックスにログオンします。

  • Outlook の受信トレイフォルダーにルールを適用するとします。 この規則には、不要になった電子メール アドレスを持っている特定のユーザーが含まれています。

  • 他のユーザーから電子メール メッセージを受信します。

このシナリオでは、EdgeTransport.exe プロセスは、Exchange Server 2010 サーバー上でクラッシュします。 さらに、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 4 について

回避策

問題の原因となっているルールを特定するには、EdgeTransport.exe のクラッシュ ダンプを取得して分析のため、マイクロソフト製品サポート エンジニアに送信してください。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×