概要

2012 年 4 月 24 日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正されている Microsoft Office Excel 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • サーバー上またはネットワーク共有上で、情報権利管理 (IRM) によって保護されている .xls ファイルを使用するいると仮定します。次に、複数のユーザーは、Excel 2010 を使用してファイルを開きます。この状況では、使用中のファイルダイアログ ボックスは、無効なユーザー情報を表示します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32240 (OfficeQFE)

  • を選択してリンクを貼り付け貼り付け、テキスト インポート ウィザードの Excel 2010 で表示中に、ダイアログ ボックスが更新され、貼り付けたコンテンツを想定しています。この状況では、Excel 2010 がクラッシュします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32350 (OfficeQFE)

  • プリンターでネイティブにサポートしていない場合、部単位で印刷機能 Excel 2010 では、この機能は機能しません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32803 (OfficeQFE)

  • 「を実行している合計」フィールドまたは Excel 2010 での違いのフィールドを含むピボット テーブルを使用するいると仮定します。フィールドには、エラーが含まれています。ピボット テーブルが更新または計算は、エラーではなくフィールド内の誤った値が表示されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32992 (OfficeQFE)

  • 使用されていないスタイルは、1 つのブックから Excel 2010 で別のブックへ

  • Excel 2010 のテーブルのサイズ変更が予期せずズーム レベルが PowerPoint で 100% 未満である場合

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×