Excel 2010 修正プログラム パッケージ(Excel x none.msp;Graph-x-none.msp;Oart-x none.msp;Oartconv-x-none.msp)の説明: 2012 年 10 月 30 日

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

この資料では、2012 年 10 月 30 日の日付は、Microsoft Excel 2010 修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Excel 2010 で一連の非表示の行または列に基づく (またはアウトラインのグループが折りたたまれている) などいくつかの非表示の要素を含むファイルを開くことを想定しています。キーボードの矢印キーを使用してグラフ要素を移動しようとすると、Excel がクラッシュします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 34309 (OfficeQFE)

  • Agave などのテーブルの結合を使用する Office Web アプリケーションを含む Excel 2013 ファイル (.xlsb) を開くと、Excel 2010 がクラッシュします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33439 (OfficeQFE)

  • 垂直方向の線は印刷が予期せず PowerPoint 2010 でテキスト ボックス コントロールに影の効果を適用する場合


詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×