Excel 2016 (KB3115139) は、2016 年 6 月 7 日更新

2016 年 6 月 7 日にリリースされた Microsoft Excel 2016 年お KB3115139 の更新プログラムについて説明します。この更新プログラムには、必要条件があります。

Microsoft インストーラー (.msi) に、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムが適用されることに注意してください-2016 年の Office のエディションのベースです。2016 クイック実行の Office エディションの Microsoft Office 365 ホームには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

  • この更新プログラムは、データのインポート] ダイアログ ボックスから、[ Power View ] ボタンを削除します。Analysis Services への外部接続用にこの更新プログラムが適用されません。の詳細についてを参照してください。

  • この更新プログラムは、共有フォルダーから読み取り専用のファイルを開く、電子メールの添付ファイルとしてブックを送信して、共有ブックと対話するなどの機能の一時的なファイル名の生成方法を変更します。したがって、.tmp のファイルの複数の有効な名前を生成することができ、名前の重複が発生する前に、複数の .tmp ファイルを開くことができます。

  • この更新プログラムには、次の修正と電源ピボット アドインの機能強化が含まれています。

    • 電源ピボットからサポートされていない KPI アイコンの削除を設定します。

    • ピボット テーブル フィールド リスト内のメジャーの名前を変更すると、電源ピボットの名にその変更が適用されます。

    • 電源ピボットから SQL Server に接続用のパスワードを保存するオプションを使用するときに発生する問題を修正します。

    • Analysis Services から電源ピボットにデータをインポートするときに発生する可能性のある問題を修正します。

    • 電源ピボット列の名前を変更した後は、列のデータ型への変更を有効にします。

    • 列の並べ替えを使用するか、テーブルをデータ モデルに追加した後で電源ピボット コントロールをフィルター処理するときに発生する可能性のある問題を修正します。

    • DAX 数式のオートコンプリートの右から左の言語でのサポートが向上します。

    • 不適切な言語でヘルプを参照するいくつかの電源ピボット ヘルプのリンクを修正します。

    • サポートされていない電源ピボット KPI アイコン セットを使用する場合に発生する可能性のある問題を修正します。

    • 電源ピボットで KPI を含むメジャーでの貼り付け操作または、コピーを使用するときに発生する可能性のある問題を修正します。

    • ドラッグ アンド ドロップ操作を使用した後、電源のピボット ダイアグラム] ビューで右から左の言語でフィールド名の表示の問題を修正します。

    • サポートでは、Get とトランス フォームのクエリによって作成された電源ピボット列のデータ型に基づく視覚エフェクトを修正します。

    • 電源ピボットで文字列のいくつか不足しているローカリゼーションを修正します。

  • Excel アイコンを使用して Excel を起動するときは、別の Excel.exe プロセスを作成できます。

    注: この機能を有効にするには、「レジストリ情報」セクションの指示に従って操作する必要があります。

  • 次の問題が修正されます。

    • 2016 の Excel でのカスタムのユーザー定義関数名に範囲の名前を設定すると、Excel の 2016年がクラッシュします。

    • 2016 の Excel でワークシートをスクロールすると、テキストを折り返すとセンター間で選択範囲を書式設定されたテキストは表示されません。

    • [キャンセル] の値が True に設定した後、Workbook_BeforeClose イベントは発生しません。

    • Excel の 2016 年の 32 ビット バージョンを使用するには大量の 64 ビット バージョンの Windows でデータを処理するため、次のエラー メッセージが表示されます。

      Excel では、利用可能なリソースでは、このタスクを完了できません。低いデータを選択するか、他のアプリケーションを終了します。元に戻さずに続行します。

      この操作を完了する十分なメモリがありません。

      など、Excel の 2016 年の 32 ビット バージョンで大規模なピボット テーブルを更新するときに、この問題が発生します。詳細については、 を参照してください。

    • グラデーションと 2016 の Excel で条件付き書式のルールの枠線を編集すると、Excel 2016 がクラッシュする可能性があります。

    • Excel 2016 からいくつかのセルをコピーして他のドキュメントに図として貼り付けると、画像の形式が正しく表示されません。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。



ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 を参照してください 。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

レジストリ情報

Important
このセクションの手順の実行には注意が必要です。深刻な問題は、レジストリを正しく変更する場合に発生する可能性があります。前に変更する、問題が発生する場合に。

この更新プログラムをインストールした後は、以下の手順を実行するため、エクスポート後の空白がトリムされていないレジストリ キーを設定します。

  1. すべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。

  2. レジストリ エディターを起動します。

    • 10 を Windows の起動をするには、 Windows の検索ボックスで、 regeditを入力し、検索結果でregedit.exeを選択を移動します。

    • Windows 8 または Windows 8.1 では、マウスを使用している場合は、右上隅に移動、検索に移動、[検索] テキスト ボックスに「regedit」を入力し、、 regedit.exe検索結果に。

    • Windows 7 を起動するに、検索プログラムおよびファイルのテキスト ボックスに「regedit」を入力し、、検索結果でregedit.exeを選択し、移動します。

  3. 見つけてし、次のレジストリ エントリを選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Excel\Options\

  4. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、 DWORD 値を選択します。

  5. DisableMergeInstanceを入力し、Enter キーを押します。

  6. 詳細ウィンドウで、キーを押しますと保持 (または右クリック) DisableMergeInstance、および変更を選択します。

  7. [値データ] ボックスで、 1と入力し、 [ok]を選択し、します。

  8. レジストリ エディターを終了します。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされている Microsoft Excel の 2016年が必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

詳細

Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. 2016 の Office アプリケーションを起動します。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. 2016 クイック実行の Office インストールでは、更新オプションの項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×