現象

現在 、New-ExchangeCertificate コマンドレットでは、安全性の低い SHA-1 の代わりに SHA-256 ハッシュ アルゴリズムが使用されています。 ただし、セットアップ プログラムの間に発生する既定の自己署名証明書の自動作成では、コマンドレットによって呼び出されるパスとは異なるコード パスが呼び出されます。 これにより、プログラムは SHA-1 ハッシュ アルゴリズムを使用して証明書を発行します。

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの更新プログラムをインストールします。

2019 年Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 11 以降の累積的Exchange Server 2019

Exchange Server 2016 年 2016 年の累積的な更新プログラム 22 以降の累積的な更新 プログラムExchange Server 2016

重要: このテストは、この修正プログラムが新しいインストールでのみ機能すると示しています。 アップグレードされたインストールでこの修正プログラムを適用すると、プログラムで引き続きこの問題が発生する可能性があります。

参照情報

Microsoft がソフトウェア 更新プログラムの 説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×