Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

次のような状況を考えます。

  • Microsoft Outlook で会議出席依頼を作成します。

  • アラームを送信しないように Outlook を構成するとします。たとえば、なしで Microsoft Office Outlook 2007 にアラームの状態を設定します。

  • 受信者に会議出席依頼を送信します。

  • 受信者のメールボックスは、Microsoft Exchange Server 2007 または Microsoft Exchange Server 2010 でホストされています。

このシナリオでは、アラームは 15 分の受信者がメッセージを受信するときの既定値に設定されています。

解決策

この問題を解決するには、プログラムのバージョンに応じて、適切な手順に従います。


Exchange Server 2010


  1. メモ帳を起動します。

  2. 新しいファイルに次のように入力します。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><configuration>
    <storeDriver>
    <parameters>
    <add key="AlwaysSetReminderOnAppointment" value="false" />
    </parameters>
    </storeDriver>
    </configuration>
  3. ファイルをクリックし、[保存] をクリックします。

  4. [ファイル名] ボックスで、 StoreDriver.configを入力します。

  5. [ファイルの種類] ボックスで、すべてのファイルをクリックします。

  6. %ExchInstallFolder%\bin フォルダーにファイルを保存します。

  7. トランスポート サービスを再起動します。

  8. Exchange Server 2010 を実行して、ハブ トランスポートの役割があるすべてのサーバーで手順 1 から 6 までを繰り返します。

AlwaysSetReminderOnAppointment値を使用する機能は、受信側ユーザーのメールボックスに対して構成されている次の一連の CalendarProcessingパラメーターに依存します。

  • AddNewRequestsTentatively(既定値 = True)

  • ProcessExternalMeetingMessages(既定値 = False)

これら 2 つの設定は、次のコマンドを実行して、 Trueに設定する必要があります。
Set-CalendarProcessing < alias > -AddNewRequestsTentatively:$True -ProcessExternalMeetingMessages:$True Outlook Web App (OWA) では、これらのパラメーターは、次の効果を持つユーザーによっても構成できます。

  • カレンダーに仮の予定としてマークされている会議出席依頼を自動的に作成します。

  • 要求と外部の送信者からの応答を自動的に処理します。

Exchange Server 2007


  1. ハブ トランスポート サーバーで Exchange Server 2007 service pack をインストールします。Exchange service pack をインストールまたは更新プログラムのロールアップする方法の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。

    http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee221180(EXCHG.80).aspx

  2. メモ帳を起動します。

  3. 新しいファイルに次のように入力します。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><configuration>
    <storeDriver>
    <parameters>
    <add key="AlwaysSetReminderOnAppointment" value="false" />
    </parameters>
    </storeDriver>
    </configuration>
  4. ファイルをクリックし、[保存] をクリックします。

  5. [ファイル名] ボックスで、 StoreDriver.configを入力します。

  6. [ファイルの種類] ボックスで、すべてのファイルをクリックします。

  7. %ExchInstallFolder%\bin フォルダーにファイルを保存します。

  8. トランスポート サービスを再起動します。

  9. Exchange Server 2007 を実行して、ハブ トランスポートの役割があるすべてのサーバーで手順 1 から 7 までを繰り返します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Exchange Server 2007 のサポート ライフ サイクルに関する詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/lifecycle/?LN=en-us&p1=10926&x=11&y=10

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×