Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

数百の Microsoft Exchange サーバーを含む大規模な展開を使用するいると仮定します。した後に、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) に変更を加える、CPU とネットワーク リソースが断続的にいくつかのドメイン コント ローラーに過負荷になります。たとえば、Active Directory サイトまたはサブネットの構成を変更した後、問題が発生します。この問題が発生した場合、影響を受ける Exchange サーバーに LDAP の検索時のパフォーマンス カウンターは、予想よりも大きい値を持ちます。

注: パフォーマンス モニターで CPU とネットワークの使用状況を確認できます。

さらに、サイト間トポロジ ジェネレーター (ISTG) の役割をドメイン コント ローラーには、ISTG の更新プログラムは、完全なトポロジ検出を実行するには、各 Exchange サーバーをトリガーし、15 分ごとにこの問題の原因となります。

原因

この問題は、複数の Exchange サーバーはクエリごとに完全なトポロジの検出をトリガーするを同時に多数の大規模な LDAP クエリを送信するために発生します。

解決策

この問題を解決するには、以下の更新プログラムをインストールします。

2961522更新プログラムのロールアップ 7 Exchange Server 2010 のサービス パック 3
注: この更新プログラムは、完全なトポロジ検索の LDAP クエリを送信するように Exchange の遅延時間をランダム化できます。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

ISTG の役割を持つドメイン コント ローラーを除外します。これを行うには、Exchange 管理シェル (EMS) で次のコマンドを実行します。

セット ExchangeServer-サーバー - StaticExcludedDomainControllersドメイン コント ローラーの識別情報
行ったし、EMS で次のコマンドを実行している Exchange の既定の動作を元に戻す変更を削除するかどうかは注意してください。

セット ExchangeServer-サーバーStaticExcludedDomainControllers の id: $null

方法 2

組織内のドメイン コント ローラーの数を増やします。次に、Exchange サーバーの数を減らして、各ドメイン コント ローラーが接続されます。各ドメイン コント ローラーに小さな負荷でこの結果します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ISTG の役割の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

KCC およびトポロジの生成に関する一般的な情報セット ExchangeServerコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

セット ExchangeServer コマンドレットに関する一般的な情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×