Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムロールアップ8の説明

概要

Microsoft は、Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) の更新プログラムロールアップ8をリリースしました。 この更新プログラムは2012年12月11日に更新されます。 この記事では、更新プログラムのロールアップに関する次の情報について説明します。

  • この更新プログラムのロールアップで解決される問題

  • 更新プログラムのロールアップの入手方法

  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

この更新プログラムのロールアップで解決される問題

Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムロールアップ8では、 に記載されている脆弱性に対応しています。

解決方法

更新プログラムのロールアップ情報

Exchange Server 2010 SP1 の更新プログラムのロールアップ8をダウンロードしてインストールするには、次の Microsoft 更新プログラムの web サイトにアクセスしてください。

Exchange 2010 の最新の更新プログラムのロールアップをインストールする方法の詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。

注: Microsoft Update では、データベースの可用性グループ (DAG) に含まれている Exchange Server 2010 メールボックスサーバーの更新プログラムのロールアップは検出されません。 次のシナリオでこの更新プログラムのロールアップを適用できるようにするには、Microsoft ダウンロードセンターから更新プログラムのロールアップも入手できます。

  • Exchange server 2010 SP1 を実行している複数のコンピューターに Exchange Server 2010 SP1 の更新プログラムロールアップ8を展開する

  • Exchange Server 2010 SP1 の更新プログラムロールアップ8を、DAG の一部であるメールボックスサーバーに展開する

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。 インターネットに接続されていないコンピューターで更新プログラムをインストールするユーザーにとって重要な情報 インターネットに接続されていないコンピューターにこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールに時間がかかることがあります。 さらに、以下のメッセージが表示される場合があります。

Creating Native images for .Net assemblies.

この動作は、ネットワーク要求がの web サイトに接続するために発生します。 これらのネットワーク要求は、ネイティブイメージ生成 (NGen) がネイティブコードにコンパイルされる各アセンブリの証明書失効リストにアクセスしようとしています。 ただし、Exchange サーバーがインターネットに接続されていないため、プロセスが続行される前に、各要求がタイムアウトする必要があります。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Windows Internet Explorer の [ツール] メニューで、[インターネットオプション] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。

  2. [セキュリティ] セクションで、[発行元の証明書の取り消しを確認する] チェックボックスをオフにして、[ OK] をクリックします。

コンピューターが厳重に管理された環境である場合にのみ、Internet Explorer でこのセキュリティオプションをオフにすることをお勧めします。 セットアップが完了したら、[発行元の証明書の取り消しを確認する] チェックボックスをオンにします。 Outlook Web app ファイルがカスタマイズされているコンピューターでの更新の問題更新プログラムのロールアップを適用する前に、カスタマイズした outlook web app ファイルのバックアップコピーを作成することをお勧めします。 Outlook Web App のカスタマイズ方法の詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。

更新プログラムのロールアップパッケージを適用すると、必要に応じて、更新プロセスによって Outlook Web App のファイルが更新されます。 そのため、login.aspx ファイルまたは他の Outlook Web App のファイルに対するすべてのカスタマイズが上書きされ、login.aspx で Outlook Web App のカスタマイズを再作成する必要があります。 Cas プロキシ展開ガイダンスの更新に関する問題 CAS-CAS プロキシを導入するお客様 次の両方の条件を満たしている場合は、インターネットに接続されているクライアントアクセスサーバーの更新プログラムのロールアップを適用してから、インターネットに接続されていないクライアントアクセスサーバーに更新プログラムのロールアップを適用します。

  • お客様は CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様です。

  • CAS-CAS Proxying を展開している。

注: その他の Exchange Server 2010 構成の場合、特定の順序でサーバーに更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。 CAS のプロキシ処理の詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。

必要条件

この更新プログラムのロールアップを適用するには、Exchange Server 2010 SP1 がインストールされている必要があります。 注:  この更新プログラムのロールアップを適用する前に、Exchange Server 2010 SP1 の暫定的な更新プログラムをすべて削除します。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再開されます。

アンインストール情報

Exchange Server 2010 SP1 の更新プログラムのロールアップ8を削除するには、コントロールパネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、更新プログラム2787763を削除します。

関連情報

Microsoft がソフトウェアの更新について説明する用語の詳細については、次の記事の番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×