Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

更新プログラムのロールアップ 16 Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3 (SP3) は、2016年12月13日にリリースされました。 この更新プログラムをインストールする前に、 Exchange Server 2010 SP3 の暫定的な更新プログラムをすべて削除する必要があります。 この更新プログラムをインストールする方法についての重要な情報も参照してください。この更新プログラムには、Exchange Server 2010 SP3 のタイムゾーンの更新プログラムが含まれています。 夏時間 (DST) の詳細については、「夏時間のヘルプとサポートセンター」を参照してください。  

Exchange Server 2010 SP3 の更新プログラムのロールアップ16を入手する

Microsoft ダウンロード センター

更新プログラムのロールアップは、次の Microsoft ダウンロードセンター web サイトからダウンロードすることもできます。

Exchange Server 2010 SP3 (KB3184730) の更新プログラムのロールアップ16をダウンロードします。

更新プログラムの詳細情報

インストール手順

詳細については、「Exchange Server 2010 用の最新の更新プログラムのロールアップをインストールする」を参照してください。また、次の更新プログラムのインストールシナリオについても説明します。

インターネットに接続されていないコンピューターにこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールに時間がかかることがあります。 さらに、以下のメッセージが表示される場合があります。

Creating Native images for .Net assemblies.

この動作は、ネットワーク要求が次の web サイトに接続するために発生します。 Http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crlこれらのネットワーク要求は、ネイティブイメージ生成 (NGen) がネイティブコードにコンパイルされる各アセンブリの証明書失効リストにアクセスしようとした場合に発生します。 ただし、Exchange Server を実行しているサーバーがインターネットに接続されていないため、各要求はプロセスが続行されるまでの間、しばらく待つ必要があります。この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Internet Explorer で [ツール] メニューの [インターネット オプション] を選択し、[詳細設定] を選択します。

  2. [セキュリティ] セクションで、[発行元の証明書の取り消しを確認する] チェックボックスをオフにして、[ OK]を選択します。

  3. セットアップが完了したら、もう一度 [発行元の証明書の取り消しを確認する] チェックボックスをオンにします。

注: コンピューターが厳格に管理されている環境の場合にのみ、Internet Explorer でこのセキュリティオプションをオフにします。

重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。 この更新プログラムのロールアップを適用する前に、カスタマイズしたOutlook Web Appファイルのバックアップコピーを作成します。 更新プログラムのロールアップパッケージを適用すると、必要に応じて、更新プロセスによって Outlook Web App のファイルが更新されます。 そのため、login.aspx ファイルまたは他の Outlook Web App のファイルに対するすべてのカスタマイズが上書きされ、login.aspx で Outlook Web App のカスタマイズを再作成する必要があります。

次の両方の条件を満たしている場合は、インターネットに接続しているクライアントアクセスサーバー (CA) の更新プログラムのロールアップを適用してから、インターネットに接続されていないクライアントアクセスサーバーに更新プログラムのロールアップを適用します。

  • お客様は CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様です。

  • CAS-CAS Proxying を展開している。

注: その他の Exchange Server 2010 の構成では、特定の順序でサーバーに更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

再起動の必要性この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再開されます。

アンインストール情報Exchange Server 2010 SP3 の更新プログラムのロールアップ16を削除するには、コントロールパネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、更新プログラム3184730を削除します。 

詳細情報

Windows Server 2012 の DBCS バージョンにこの更新プログラムをインストールする方法Unicode 以外のプログラムの言語設定が既定の言語に設定されている場合、Windows Server 2012 の2バイト文字セット (DBCS) バージョンで Exchange Server 2010 SP3 の更新プログラムロールアップ16をインストールまたはアンインストールすることはできません。 この問題を回避するには、最初にこの設定を変更する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. コントロール パネルで、[時計、言語、および地域]、[地域]、[管理] の順に選択します。

  2. [Unicode 対応でないプログラムの言語] 領域で [システム ロケールの変更] を選択します。

  3. [現在のシステム ロケール] ボックスの一覧で、[英語 (米国)] を選択し、[OK] を選択します。

更新プログラムロールアップ16のインストールまたはアンインストールが正常に完了したら、必要に応じてこの言語設定を元に戻します。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×