Microsoft Exchange Server 2010 サービス パック 3 (SP3) 用の更新プログラムのロールアップ 19 は、2017 年 12 月 19 日にリリースされました。この更新プログラムをインストールする前にExchange Server 2010 の SP3 のすべての中間更新プログラムを削除する必要があります。また、この更新プログラムをインストールする方法に関する重要な情報を参照してください。この累積的な更新プログラムには、セキュリティ以外の問題に対する修正プログラムとセキュリティとセキュリティ以外の問題のすべての以前にリリースされた修正プログラムが含まれています。これらの修正プログラムは、それ以降のExchange Server 2010 の累積的な更新にも含まれます。

Exchange Server 2010 の SP3 の更新プログラム ロールアップ 19 を取得します。

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Update から入手可能です。

注: マイクロソフトの更新プログラムは、クラスター化された Exchange Server 2010 のシステム、Exchange Server 2010 の更新プログラムのロールアップを検出しません。

この更新プログラムを取得するには、次の手順を実行します。

  1. Windows Update を開きます。

  2. ナビゲーション ウィンドウで [更新プログラムの確認を Windows がお使いのコンピューターの最新の更新プログラムが検索されるを待ちます。

  3. オプションの更新プログラムが利用可能なまたはオプションの更新プログラムを確認するよう求められますことを示すメッセージが表示された場合は、更新プログラムを確認するメッセージを選択します。

  4. 一覧で、4035162、更新プログラムのチェック ボックスをオンにし、インストールします。

方法 2: マイクロソフトの更新プログラムのカタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログweb サイトに移動します。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード可能なだけです。

Download Exchange Server の更新プログラム ロールアップ 19 をダウンロード 2010 SP3 (KB4035162)

この累積的な更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている問題が修正されます。

  • 4054456 EWS 2010 には、Exchange Server 2016 から中継して接続にアクセス、すべての Exchange 2010 のメールボックス

更新プログラムの詳細情報

インストール手順

Exchange Server 2010 の最新の更新プログラムのロールアップをインストールする方法について説明します。

次の更新プログラムのインストールのシナリオについても学びます。

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールの長い時間があります。さらに、次のメッセージが表示される場合があります。

.Net アセンブリのネイティブ イメージを作成しています。

この現象の原因は、次の web サイトへの接続要求をネットワークで。
 

http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl

これらのネットワーク要求は、ネイティブ イメージ生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに証明書失効リストにアクセスするための試行を表します。ただし、Exchange Server を実行しているサーバーがインターネットに接続されていないため要求ごと待つ必要がありますタイムアウトするまでプロセスを続行する前にします。

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
 

  1. Internet Explorer で [ツール] メニューの[インターネット オプション] を選択し、詳細設定します。

  2. [セキュリティ] セクションで、発行元の証明書の失効を確認する] チェック ボックスをオフにし、 [ok]を選択し、します。

    注: コンピューター環境では、厳重に管理されている場合にのみは、Internet Explorer では、このセキュリティ オプションをオフにします。

  3. セットアップが完了したら、発行元の証明書の失効を確認する] チェック ボックスを再度選択します。

重要: この更新プログラムのロールアップを適用する前に、カスタマイズされた Outlook Web Appファイルのバックアップ コピーを作成します。

更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、ことが必要な場合、更新処理は、Outlook Web App ファイルを更新します。したがって、Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App ファイルにすべてのカスタマイズが上書きされ、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズを再作成する必要があります。

両方の次の条件に合致する場合が適用されますインターネットに接続するクライアント アクセス サーバー (CAS) の更新プログラムのロールアップ更新プログラムのロールアップを適用する前にインターネットに接続しないクライアント アクセス サーバーに。

  • あなたは、CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様です。

  • CAS CAS のプロキシを導入しています。

その他の Exchange Server 2010 の構成では、特定の順序でサーバー上の更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用した後、必要なサービスが自動的に再起動されます。

アンインストール情報

Exchange Server 2010 の SP3 用の更新プログラム ロールアップ 19 を削除するのには 4035162 の更新プログラムを削除するのにはコントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目を使用します。

詳細

Windows Server 2012 の DBCS バージョンでこの更新プログラムをインストールします。インストールまたは非 Unicode プログラムの言語の優先順位は、既定の言語に設定されている場合、2 バイト文字セット (DBCS) バージョンの Windows Server 2012 で Exchange Server 2010 の SP3 の更新プログラム ロールアップ 19 をアンインストールすることはできません。この問題を回避するには、最初にこの設定を変更する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. コントロール パネルの [時計、地域および言語を選択して、地域を選択し、管理します。

  2. 非 Unicode プログラムの言語の領域で、システム ロケールの変更を選択します。

  3. 現在のシステム ロケール] ボックスの一覧では、英語 (米国)を選択し、し、 [ok]を選択します。

正常にインストールまたはアンインストール、更新プログラム ロールアップ 19 後、は、この言語を必要に応じて設定を元に戻します。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用している用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×