Exchange Server 2013 で診断サービスが繰り返しクラッシュする場合のイベント ID 4999 または1007

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

Microsoft exchange 診断サービスが、Microsoft Exchange Server 2013 環境で繰り返しクラッシュします。 そのため、診断サービスでは、パフォーマンスログを作成したり開始したりすることはできません。 さらに、イベントログに次のエラーメッセージが表示されます。

エラー4999次のプロセス id で送信される予定の日付/時刻Watson レポート。 E12IIS、c-RTL-AMD64、VersionNumber、 VersionNumber、PerformanceLogSet、、system.argumentexception、95c6、 VersionNumber.% nerrorreportingenabled: False% n MSExchange 共通のServerName.Contoso.comを含む、パラメーター付きのパラメーターを使用して、False% n のエラーを検出します。

エラー1007の日付/時刻エラー: System.argumentexception: 値が予期される範囲内にない場合に、パフォーマンスログの作成または開始に失敗しました。 DataCollectorSetClass PlaLibrary (ブール値の同期) PerformanceLogSet (ブール値の同期式) の場合は、。 を選びます。これには、CheckPerflogStatus () を選びます。 パフォーマンスログ: ExchangeDiagnosticsPerformanceLog。 MSExchangeDiagnostics ServerName.Contoso.com

タスクスケジューラは、古いタスクの GUID をメモリに保存し、タスクをクリアするには、サービスを再起動して、タスクを手動でクリアする方法しかありません。

原因

この問題は、タスクスケジューラによってトリガーされたエラーカウンターがしきい値を超えていて、関連付けられたファイルから情報を取得できないことが原因で発生します。

解決方法

この問題を解決するには、exchange server 2013 の累積的な更新プログラム 19またはexchange server 2013 の累積的な更新プログラムをインストールします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×