Exchange Server 2013 で 1,000 件のトランザクション ログを再生しようとするとき、MSExchangeRepl.exe プロセスが終了します。

現象

Microsoft Exchange Server 2013 年にデータベースのリカバリを実行すると、1,000 人以上のトランザクション ログ ファイルを再生しようとする、Microsoft Exchange レプリケーション サービスが予期せず終了します。この問題が発生した場合、イベント ID 4399 およびイベント ID 4999 は、アプリケーション ログに記録次のように。

Log Name: Application
Source: MSExchangeRepl
Event ID: 4399
Task Category: Service
Level: Error
Keywords: Classic
User: N/A
Description: The Microsoft Exchange Replication service is terminating without collecting a Watson dump.
Error The Microsoft Exchange Replication service is using too much memory (2279.62109375 MiB) and will be
terminated without collecting a Watson dump. This exceeds the maximum expected value of 2048 MiB. To take
a dump along with the Watson report, set registry key 'SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\v15
\Replay\Parameters\EnableWatsonDumpOnTooMuchMemory' to 1. Default can be overridden by setting registry key
SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\v15\Replay\Parameters\MaximumProcessPrivateMemoryMB.

Log Name: Application
Source: MSExchange Common
Event ID: 4999
Task Category: General
Level: Error
Keywords: Classic
User: N/A
Description: Watson report about to be sent for process id: 2524, with parameters: E12, c-RTL-AMD64,
15.00.0620.029, msexchangerepl, unknown, unknown, M.E.C.Replay.ReplayServiceTooMuchMemoryNoDumpException,
0, unknown.
ErrorReportingEnabled: True

原因

レプリケーション サービスには既定の制限が 2 ギガバイト (GB) メモリのために、この問題が発生する可能性があります。この制限に達すると、プロセスを終了します。

回避策

この問題を回避するのには、次のレジストリ サブキーを追加し、新しいサブキーに指定された値を追加しています。

SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\v15\Replay\Parameters\

dword: MaximumProcessPrivateMemoryMB
: 8192
ベース: 10 進数

dword: MemoryLimitBaseInMB
: 4096
ベース: 10 進数

状況

この問題が予定されている Exchange 2013 の今後の累積的な更新プログラムで解決します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×