Exchange Server 2013 にて Microsoft Exchange レプリケーション サービスがクラッシュすると、イベント ID 4999 および 4401 が記録される

現象

Microsoft Exchange Server 2013 環境で Microsoft Exchange レプリケーション サービスは、Exchange Server 2013 の累積的な更新 6 をインストールした後に頻繁にクラッシュします。

さらに、次のイベントは、イベント ビューアーのアプリケーション ログに記録されます。

原因

この問題は、クリムゾン チャネルのログにエラー エントリが古いために発生します。

解決策

この問題を解決するには、 をインストールします。

回避策

この問題を回避するには、メールボックス データベースの障害の項目を格納するクリムゾン チャネル ログからエントリをオフにします。

これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. 問題のサーバーで管理者特権のコマンド プロンプトを開きます。

  2. クリムゾン チャネルのログからもエントリをオフにするには、次のコマンドを実行します。

    Wevtutil.exe cl の「Microsoft Exchange-MailboxDatabaseFailureItems/運用」

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×