現象

Microsoft Exchange Server 2013 環境では、Exchange サーバーで CPU 使用率が高くなる問題が発生し、IIS ワーカープロセス (w3wp) で CPU 使用率が大量に消費されることがあります。これは、 MSExchangeMapiMailboxAppPoolアプリケーションプールです。その結果、Exchange Server 2013 サーバーに接続できないか、Outlook クライアントがフリーズすることがあります。

原因

この問題は、 MSExchangeMapiMailboxAppPoolがシステムタイマーキュー内のグローバルロックを待機しているために発生します。

解決方法

この問題を解決するには、Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 19または exchange server 2013 の累積的な更新プログラムをインストールします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×