概要

トランスポート層セキュリティ (TLS) ネゴシエーションは、以前のバージョンの Microsoft Exchange Server 2016 で行われます。 これにより、イベントビューアーの CIAPI2 でエラーイベント ID 30 がログに記録され、不要な TLS コストが発生します。 この更新プログラムを適用した後で、 "MSExchangeFrontendTransport"ファイルを編集して、UseAscReqNoToken を有効にすることができます。

原因

Windows Server の datacenter エディションでは、TLS セキュリティネゴシエーション中にトークンを必要としないオプションがあります。 Windows Server の標準エディションでは、有効になっていないフライトによって制御されます。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムを入手するには、Exchange Server 2016 用の累積更新プログラム 11または exchange server 2016 の累積更新プログラム11 をインストールします。

Useascreqnonotoken を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. MSExchangeFrontEndTransport 構成ファイルを見つけます。 ノート 既定では、このファイルは次の場所にあります。

    %ExchangeInstallPath%Bin\MSExchangeFrontendTransport.exe.config

  2. <appSettings> の下に次の行を追加します。 … <appSettings> // Add the following line. <add key="SmtpReceiveUseAscReqNoTokenDuringTlsNegotiation" value="true" /> // End of the added line. …

  3. 変更を保存して、サーバー上のフロントエンドトランスポートサービスを再起動します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×