Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムをインストールすると、MAPI 仮想ディレクトリの SSL 設定がリセットされます。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft Exchange Server 2016 で、メッセージングアプリケーションプログラミングインターフェイス (MAPI) 仮想ディレクトリの [SSL を必須にする] 設定をオフにします。

  • Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムを適用します。

このシナリオでは、[SSL を必須にする] 設定がオンになっています。 ただし、この設定は MAPI 仮想ディレクトリで管理されている必要があります。 さらに、他の仮想ディレクトリにもこの問題はありません。

原因

この問題は、累積的な更新プログラムまたは Exchange Server 2016 のサービスパックのインストール時に、Exchange セットアップによって [SSL を必須にする] 設定がリセットされるために発生します。

解決方法

この問題を解決するには、Exchange Server 2016 用の累積更新プログラム 11または exchange server 2016 の累積的な更新プログラム11 をインストールします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×