Exchange Server 2019 および 2016 でメールボックスを持たないユーザーに対してアドレス一覧の分離が機能しない

現象

Microsoft Exchange Server 2019 または Exchange Server 2016 では、ユーザーが 2 つの Windows アカウントを持つ場合があり、1 つはメールボックスなしで (たとえば、管理目的で使用されます)、この WindowsOnlyAccount と、次の WindowsOnlyAccount を呼び出します。アドレス帳ポリシーが適用されます。WindowsOnlyAccount が現在ログオンしている場合、ユーザーは Outlook オンライン モード プロファイルを作成し、メールボックス アカウントの資格情報を指定できます。このシナリオでは、アドレス一覧の分離は、このメールボックス ユーザーに適用されなくなりました。その結果、すべてのアドレス一覧が表示され、参照できるようになります。ということは:

  1. ユーザーが別のユーザーのメールボックスに対する完全なアクセス許可を持っている場合は、Exchange 組織に関するすべてのアドレス帳情報を表示できます。

  2. ユーザーが別のユーザーの資格情報を使用して自分のメールボックスにサインインしている場合は、Outlook が少なくとも 2 回目に起動されるまで、交換組織に関するすべてのアドレス帳情報を表示できます。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムのいずれかをインストールします。

Exchange Server 2019 の場合は、Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 4、または Exchange Server 2019以降の累積的な更新プログラムをインストールします。

Exchange Server 2016 の場合は、Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 15またはそれ以降の累積的な更新プログラムをインストールします。

ノート:

  • Outlook 2016 の場合、この更新プログラムが Outlook と連携して動作することを確認するには、Outlook 2016 (KB4484107) (または Outlook 2016の以降の更新プログラム) の 2019 年 10 月 1 日の更新プログラムをインストールする必要があります。Outlook 2013 では、この更新プログラムが Outlook と連携して動作することを確認するのには、Outlook 2013 (KB4484096) (または Outlook 2013の以降の更新プログラム) の 2019 年 10 月 1 日の更新プログラムをインストールする必要があります。

  • この更新プログラムをインストールすると、2 つのシナリオで空のアドレス一覧が返されます。

  • この修正プログラムを有効にするには、組織に対して次のコマンドも実行する必要があります。セット-組織構成 -空のアドレス帳の非交換ユーザー:$true

参照情報

マイクロソフトがソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×