現象

次のような状況を考えます。

  • Fax サーバーの役割は、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールします。

  • 着信 fax を電子メール アドレスにルーティングするのには Fax サーバーの役割を構成するとします。

このシナリオでは、fax の受信と Fax サービスがクラッシュします。さらに、fax の送信者は、fax が正常に送信される通知を受け取ります。ただし、fax は指定した電子メール アドレスにルーティングされていません。

また、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。

イベント ID 32089
イベント ID 32083
注: この問題は、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで Fax サーバーの役割に固有ではありません。アプリケーションまたはサービスは、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでそのままモジュールにコラボレーション データ オブジェクト (CDO) 呼び出しをいくつかと、この問題が発生することができます。

原因

Fax サーバーの役割は、いくつか CDO 呼び出しをそのままモジュールに fax を電子メール アドレスにルーティングします。Fax をルーティングすると、するたびにそのままモジュールはロードされ、アンロードし、します。

ただし、このモジュールがアンロードされるとき 2 つのクラスは登録を解除できません。モジュールが別のアドレスに再読み込み、一部WndProcの関数呼び出しはまだ古いアドレスにポイントします。この状況では、古いアドレスが無効であるために、例外が発生しました。 この例外には、Fax サービスがクラッシュするが原因です。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、コンピューターが以下のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。

  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1)

  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)

  • Windows サーバー 2008

  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

  • Windows 7 の場合

  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

Windows Vista Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

935791 Windows Vista service pack の入手方法

Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。

968849 Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報のメモ

重要 Windows Vista の修正プログラムと Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれています。ただし、「Windows Vista」 のみが修正プログラムの要求ページに一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページで、"Windows Vista"の下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • SR_Level (RTM、SPn)、特定の製品に適用および区分 (LDR、GDR) されるファイルは、次の表に示すように fileversion の番号を確認して識別できます。

    バージョン

    製品

    SR_Level

    サービス区分

    6.0.600
    0.
    20xxx

    Windows Vista の場合

    RTM

    LDR

    6.0.600
    1.
    22xxx

    Windows Vista および WIndows Server 2008

    SP1

    LDR

    6.0.600
    2.
    22xxx

    Windows Vista および WIndows Server 2008

    SP2

    LDR

  • Service Pack 1 は、オリジナル リリース版の Windows Server 2008 に統合されています。

  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに個別に記載されているです。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。セキュリティ カタログ ファイル (属性 notlisted) は、マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。

すべてのサポートされる x 86 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Inetcomm.dll

6.0.6001.22473

738,304

16-Jul-2009

16:18

x86

Inetres.dll

6.0.6001.22473

84,480

16-Jul-2009

14:17

x86

Inetcomm.dll

6.0.6002.22175

738,816

16-Jul-2009

16:16

x86

Inetres.dll

6.0.6002.22175

84,480

16-Jul-2009

14:06

x86

すべての サポートされるx64 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Inetcomm.dll

6.0.6001.22473

974,848

16-Jul-2009

16:40

x64

Inetres.dll

6.0.6001.22473

84,480

16-Jul-2009

14:43

x64

Inetcomm.dll

6.0.6002.22175

974,848

16-Jul-2009

16:16

x64

Inetres.dll

6.0.6002.22175

84,480

16-Jul-2009

14:19

x64

サポートされているすべての Itanium ベース バージョンの Windows Server 2008

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Inetcomm.dll

6.0.6001.22473

2,330,112

16-Jul-2009

16:23

IA-64

Inetres.dll

6.0.6001.22473

84,480

16-Jul-2009

14:38

IA-64

Inetcomm.dll

6.0.6002.22175

2,330,112

16-Jul-2009

16:06

IA-64

Inetres.dll

6.0.6002.22175

84,480

16-Jul-2009

14:17

IA-64

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ


重要 Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをリクエストするには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • マイルス トーン (RTM、SPn)、特定の製品に適用および区分 (LDR、GDR) されるファイルは、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることにより識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    サービス区分

    6.1.760
    0.20xxx

    Windows 7 および Windows Server 2008 R2

    RTM

    LDR

    6.1.760
    1.21xxx

    Windows 7 および Windows Server 2008 R2

    SP1

    LDR

  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに、[その他のファイルの Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の情報] セクションで個別に記載されているです。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Inetcomm.dll

6.1.7600.20879

740,864

13-Jan-2011

05:39

x86

Inetcomm.dll

6.1.7601.21640

741,888

13-Jan-2011

05:35

x86

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Inetcomm.dll

6.1.7600.20879

976,896

13-Jan-2011

06:18

x64

Inetcomm.dll

6.1.7601.21640

976,896

13-Jan-2011

06:22

x64

Inetcomm.dll

6.1.7600.20879

740,864

13-Jan-2011

05:39

x86

Inetcomm.dll

6.1.7601.21640

741,888

13-Jan-2011

05:35

x86

サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Inetcomm.dll

6.1.7600.20879

2,332,672

13-Jan-2011

05:24

IA-64

Inetcomm.dll

6.1.7601.21640

2,332,672

13-Jan-2011

05:12

IA-64

Inetcomm.dll

6.1.7600.20879

740,864

13-Jan-2011

05:39

x86

Inetcomm.dll

6.1.7601.21640

741,888

13-Jan-2011

05:35

x86

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

Windows Vista および Windows Server 2008 に追加のファイル情報

すべてサポートされている x86 ベース バージョンの Windows Server 2008 および Windows Vista 用の追加ファイル

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22473_none_79f21e5171e04b44.manifest

該当なし

148,164

16-Jul-2009

17:57

該当なし

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22175_none_7bda90cd6f04d316.manifest

該当なし

148,164

16-Jul-2009

17:36

該当なし

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 と Windows Vista 用の追加ファイル

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Amd64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22473_none_d610b9d52a3dbc7a.manifest

該当なし

148,224

16-Jul-2009

18:20

該当なし

Amd64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22175_none_d7f92c512762444c.manifest

該当なし

148,224

16-Jul-2009

17:35

該当なし

すべての他のファイルには、Itanium ベース バージョンの Windows Server 2008 がサポートされています。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Ia64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22473_none_79f3c24771de5440.manifest

該当なし

148,194

16-Jul-2009

20:02

該当なし

Ia64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22175_none_7bdc34c36f02dc12.manifest

該当なし

148,194

16-Jul-2009

17:18

該当なし

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7 用の追加ファイル

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

2,625

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20879_none_7a1ff604d2f217ab.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,392

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:44

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21640_none_7c1dc034d0084bb5.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,392

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:44

プラットフォーム

該当なし

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル

ファイル名

Amd64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20879_none_d63e91888b4f88e1.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,396

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Amd64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21640_none_d83c5bb88865bceb.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,396

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

2,645

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20879_none_7a1ff604d2f217ab.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,392

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21640_none_7c1dc034d0084bb5.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,392

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:47

プラットフォーム

該当なし

サポートされているすべての IA64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル

ファイル名

Ia64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20879_none_7a2199fad2f020a7.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,394

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Ia64_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21640_none_7c1f642ad00654b1.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,394

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

1,939

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20879_none_7a1ff604d2f217ab.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,392

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-mail-comm-dll_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21640_none_7c1dc034d0084bb5.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

58,392

日付 (UTC)

13-Jan-2011

時刻 (UTC)

20:42

プラットフォーム

該当なし

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×