FIX BizTalk Server がクラッシュしたエラー コード 80131544 で、.NET Framework 4.5 がインストールされている場合

現象

.NET Framework がインストールされていると仮定 4.5.x Microsoft BizTalk Server 2010 または 2013 がインストールされているサーバーにします。その後、BizTalk ホスト インスタンスのイベント ログに次のようなエラー コード 80131544 でクラッシュします。

ログ名: アプリケーション
.NET ランタイムのソース:
日付:
イベント ID: 1023
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: <サーバー名>
説明:
アプリケーション: BTSNTSvc64.exe
フレームワークのバージョン: v4.0.30319
説明: プロセスは、IP 000007FDED170BC1 の .NET ランタイムで内部エラーのため終了しました (000007FDECE00000) 80131544 のコードで終了します。
ログ名: アプリケーション
ソース: アプリケーション エラー
日付:
イベント ID: 1000
タスクのカテゴリ: (100)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: <サーバー名>
説明:
エラーが発生したアプリケーション名: BTSNTSvc64.exe、バージョン: 3.10.229.0、タイムスタンプ: 0x50fe567a
エラーが発生したモジュール名: clr.dll、バージョン: 4.0.30319.19106、タイムスタンプ: 0x51a512d4
例外コード: 0x80131544
障害オフセット: 0x0000000000370bc1
エラーが発生したプロセス id: 0xca8
障害が発生してアプリケーションの開始時刻: 0x01ceb6394f1dd32a
エラーが発生したアプリケーションのパス: <ディスク名>: \Program ファイル (x86) \Microsoft BizTalk Server 2013\BTSNTSvc64.exe
エラーが発生したモジュール パス: <ディスク名>: \Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\clr.dll
レポート Id: <ReportId>
エラーが発生したパッケージの完全名。
エラーが発生したパッケージ相対アプリケーション ID:
ログ名: システム
ソース: サービス コントロール マネージャー
日付:
イベント ID: 7031
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: <サーバー名>
説明:
BizTalk サービスの BizTalk グループ: BTSOrchHost サービスは予期せず終了しました。これは 2 回発生しています。60000 ミリ秒以内に、次の修正動作が行われます: サービスを再起動します。



原因

この問題は、BizTalk Server 環境で、.NET Framework 4.5 をインストールして、BizTalk Server 2010 用の累積的な更新プログラム 7 (CU7) の前に公式にサポートされていないために発生します。BizTalk Server 2010 の累積更新プログラム 6 (CU6) を実行すると、.NET Framework 4.0 を使用する必要が以前のバージョンです。

解決策

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

問題を回避するには、次の手順で XLANG アプリケーション ドメインのシャット ダウンを無効にします。

  1. BizTalk Server のフォルダーを検索します。既定では、C:\Program Files (x86) \Microsoft BizTalk Server 2013年を勧めします。

  2. 新しい名前を使用して、BTSNTSvc64.exe.config ファイルのコピーを保存します。

  3. 32 ビットのホストである場合は、BTSNTSvc.exe.config ファイルのコピーを保存します。BTSNTSvc.exe または BTSNTSvc64.exe にクラッシュが発生するかどうかを確認するエラー メッセージをチェックすることができます。

  4. 元のファイルをメモ帳で開くし、< 構成 > ノードを検索します。次に、直接下にある、以下を追加します。
    <configSections>
    < セクション名 =「xlang」type="Microsoft.XLANGs.BizTalk.CrossProcess.XmlSerializationConfigurationSectionHandler、Microsoft.XLANGs.BizTalk.CrossProcess"/>
    </configSections>

  5. 探し、</ランタイム > ノード、し、次の追加。
    <xlangs>
    <Configuration>
    < AppDomains AssembliesPerDomain =「50」>
    < DefaultSpec SecondsIdleBeforeShutdown =「-1」SecondsEmptyBeforeShutdown =「-1」/>
    </AppDomains>
    </Configuration>
    </xlangs>

  6. ホストをリサイクルします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×