Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

マイクロソフトでは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2012 の修正プログラムを配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

Microsoft Visual C++ 2005 ランタイム再配布可能パッケージ ATL セキュリティ更新プログラム (ビルド 8.0.50727.4053) がコンピューターにインストールされていると仮定します。 Microsoft SQL Server 2012 をインストールしようとすると、インストールが失敗する可能性があります。 また、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

アセンブリ エラー: マニフェストの id は同じですが、その内容は異なります。

この問題が発生した場合、次のエラー メッセージが SQL Server セットアップのログ ファイルに記録されます。

Detail_ComponentUpdate.txt {Slp: MSI エラー: アセンブリのインストール中にエラーが発生しました 1935 ' Microsoft.VC80.CRT,version="8.0.50727.4053",publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b",processorArchitecture="amd64",type="win32"' です。 ヘルプし、サポートの詳細についてを参照してください。 HRESULT: 0X80073715。 Slp: エラー Slp をインストールするアセンブリのようなものの HResult を取得しようとしています: InstallPackage: MsiInstallProduct に返される結果コードは 1603 です。 Slp: MSI エラー コードを使用して、再試行のオプションを検出するために: 1935 Slp: 再試行可能な MSI の戻りコードが検出されました: 1935 Slp: スリープ時間が 120 秒の再試行する前に. Slp: アセンブリのインストール中にエラーが発生しました ' Microsoft.VC80.CRT,version="8.0.50727.4053",publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b",processorArchitecture="amd64",type="win32"' です。 ヘルプし、サポートの詳細についてを参照してください。 HRESULT: 0X80073715。 Slp: 一般的なエラーの Watson バケットが作成された Slp: エラー:"Install_SqlSupport_Cpu64_Action"のアクションを実行できませんでした。 Slp: 操作を完了した: Install_SqlSupport_Cpu64_Action、False が返されます。

SqlSupportアクションの 3 つの再試行回数があります。 出力ログには、次のエラー メッセージが含まれます。

SqlSupport_Cpu64_1_ComponentUpdate_ # .log {実行中のオペレーション数: op の ActionStart(Name=CreateShortcuts,Description=Creating shortcuts,Template=Shortcut: [1]) を実行する: SetTargetFolder (フォルダー = 23\Microsoft SQL Server 2012\Configuration Tools\)SHELL32::SHGetFolderPath が返されます: op の C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start メニュー プログラムを実行する: ShortcutCreate (名前 = 3o grg6g.slp|SQL Server インストール センター (64 ビット),,, ファイル名 = C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\Setup Bootstrap\SQLServer2012\x64\LandingPage.exe,,,ShowCmd=1、) ファイルへのアクセスを確認する: SQL Server インストール センター (64 ビット) .lnkOp を実行する: End(Checksum=0,ProgressTotalHDWord=0,ProgressTotalLDWord=73330985) のアセンブリ エラー: マニフェストの id は同じですが、その内容は異なります。 注: 1: 1935 2: {844EFBA7-1C24-93B2-A01F-C8B3B9A1E18E} 3: 0x80073715 4: IAssemblyCacheItem 5: 6 のコミット: Microsoft.VC80.CRT,version="8.0.50727.4053",publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b",processorArchitecture="amd64",type="win32"アセンブリ(Sxs) のエラー: コンポーネント ベースのサービス ログに-140843912ndir\logs\cbs\cbs.log にある複数の診断情報を取得するを参照してください。 エラー 1935。 アセンブリのインストール中にエラーが発生しました ' Microsoft.VC80.CRT,version="8.0.50727.4053",publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b",processorArchitecture="amd64",type="win32"' です。 ヘルプし、サポートの詳細についてを参照してください。 HRESULT: 0X80073715。 アセンブリのインタ フェース: IAssemblyCacheItem、関数: コンポーネントをコミット: {844EFBA7-1C24-93B2-A01F-C8B3B9A1E18E} 製品: Microsoft SQL Server 2012 のセットアップ (英語)--エラー 1935。 アセンブリのインストール中にエラーが発生しました ' Microsoft.VC80.CRT,version="8.0.50727.4053",publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b",processorArchitecture="amd64",type="win32"' です。 ヘルプし、サポートの詳細についてを参照してください。 HRESULT: 0X80073715。 アセンブリのインタ フェース: IAssemblyCacheItem、関数: コンポーネントをコミット: {844EFBA7-1C24-93B2-A01F-C8B3B9A1E18E}.注: 1: 1708 製品: Microsoft SQL Server 2012 のセットアップ (英語)--インストールに失敗しました。 }

注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 次のいずれか、インストール可能性があります、Visual C++ 2005 ランタイム再頒布可能パッケージ ATL セキュリティ更新プログラムを実行するには、この問題を発生させる。

  • ダウンロードし、次のマイクロソフト web サイトのいずれかから更新プログラムをインストールします。

  • 更新プログラムをインストールするのには再配布可能マージ モジュールとして Visual C++ ランタイムを含むその他のソフトウェアを使用します。

  • コンピューターにセキュリティ更新プログラムを適用した場合は、マイクロソフトの更新プログラムを実行します。 たとえば、Microsoft Visual Studio 2005 のセキュリティ更新プログラムを適用するのにはマイクロソフトの更新プログラムを実行します。

原因

この問題は、Visual C++ 2005 ランタイム ライブラリのセットアップの既知の問題が原因で発生します。注: この既知の問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2643995 FIX"HRESULT: 0x80073715"Visual C++ 2005 ランタイム ライブラリのマージ モジュールにファイルがマージされる場合は、.msi ファイルを使用してアプリケーションをインストールするとエラーが発生

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012

この問題に対する修正は SQL Server 2012 の累積的な更新プログラム 1 で初めてリリースされました。詳細については SQL Server のこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2679368 SQL Server 2012 用の累積的な更新プログラム 1注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

この問題を回避するには、インストール プロセスを実行する前に、SQL Server 2012 または以降の累積的な更新の累積的な更新の 1 を使用して SQL Server 2012 の RTM のセットアップ バイナリ ファイルを更新できます。 これを行うには、 /UpdateSourceスイッチを使用します。スタンドアロン インストールでは、次の手順に従います。

  1. 累積的な更新プログラムを Microsoft の web サイトからダウンロードし、サーバーがアクセスできるフォルダーにダウンロードした更新プログラム パッケージをインストールします。

  2. 自己展開ツール ウィザードを実行するアイコンをダブルクリックします。 サーバーまたは UNC 共有上のフォルダーにファイルを抽出します。

  3. サーバーで、管理用のコマンド プロンプトを開き、rtm 版の SQL Server 2012 セットアップ メディアが格納されているフォルダーにディレクトリを変更します。 たとえば、以下のコマンドを実行します。

    cd E:\SQLSetup\

  4. フォルダーまたは手順 2 で説明されている共有をセットアップするのには/updatesourceスイッチは、コマンドラインから Setup.exe を実行します。 たとえば、以下のコマンドを実行します。

    setup.exe /action=install /updatesource=C:\SQL2012CU

  5. セットアップ プロセスでは、累積的な更新を検出します。 セットアップ中に、製品の更新プログラム] ページで、使用許諾契約に同意した後は、RTM のセットアップ ファイルに更新プログラムの累積的な修正プログラムを適用する [含める SQL Server 製品の更新] チェック ボックスを選択します。

場合は特定のインストールでは、アセンブリ エラーが発生しました。MSI ファイルの場合は、更新されたバージョンの SQL Server 2012 SP1 feature pack の機能の時間がある場合にチェックします。 ダウンロードし、インストールします。MSI ファイルです。 インストール後ことができますし、再セットアップを実行するメイン SQL 2012 に必要な機能を追加するのには。

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。

935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの命名スキーマソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×