Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 2 用プログラムのロールアップ 4

概要

この資料では、Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 2 (SP2) のプログラムのロールアップ 4 で修正される問題が一覧表示されます。

このロールアップ パッケージで修正される問題

修正される問題は、以下の文書に表示されます。懸案事項を表示するのには、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する資料番号をクリックします。

資料

タイトル

2889345

修正: アカウントがロックアウト Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 SP2 で AccountLockoutResetTime 期間の終了

2890549

Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 での.NET Framework アプリケーションからクエリを実行するときの FIX 不適切なパフォーマンス モニターの値

2890563

FIX:"URL"と「宛先のホスト名」の値は、Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 の web プロキシのログの読み取り可能な、

2891026

修正: ファイアウォール サービス メモリ リークが発生 Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 のマルウェア検査が有効になっている場合

2888619

修正: パスワードの変更が成功したは、ユーザーの識別名の属性には、スラッシュ、Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 で Active Directory LDAP で定義されている特殊文字が含まれている場合ではありません。

2863383

FIX「クエリが停止、実行中にエラーが発生しました」Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 SP2 ではないライブのクエリを実行すると

2899720

修正: 脅威管理ゲートウェイ 2010 が誤って送信ヘッダーの"Keep Alive"メディア プレーヤー WPAD ファイル要求に応答するとき

2899716

修正: Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 の web の発行要求を処理するとき、ファイアウォール サービス (Wspsrv.exe) がクラッシュします。

2899713

修正: 特定の SSL web サイトにアクセスできない場合があります Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 で HTTPS 検査が有効になっている場合

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×