Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 2 用プログラムのロールアップ 5

概要

この資料では、Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010 Service Pack 2 (SP2) 用のプログラムのロールアップ 5 について説明します。この資料では、この更新プログラムのロールアップで修正される問題について説明するマイクロソフト サポート技術情報も表示されます。

このロールアップ パッケージで修正される問題

この更新プログラムのロールアップ パッケージで修正される問題は、次のマイクロソフト サポート技術情報に表示されます。問題を確認するには、アーティクルに移動する資料番号をクリックします。

資料

タイトル

2963805

修正: アカウントのロックアウトの通知ログに記録されません TMG 2010 SP2 のプログラムのロールアップ 4 をインストールした後

2963811

修正プログラム: TMG ファイアウォール サービス (wspsrv.exe) がクラッシュする、DiffServ フィルターが有効になっている場合

2963823

FIX「1413 インデックスが無効です」した後はアレイ メンバー間で共有する cookie を有効にします

2963834

修正: HTTPS トラフィックが検査できませんユーザーがサイトにアクセスするとき

2967726

修正: 特定の web プロキシまたは脅威管理ゲートウェイ 2010 では、web リスナーの新しい接続は受け付けられません

2965004

修正: Forefront TMG サービスが特定のアカウントで実行されている場合、EnableSharedCookie オプションを動作しません。

2932469

修正: 脅威管理ゲートウェイ 2010 では、IPsec メイン モード キーの有効期間の使用が不適切な値

2966284

修正: A 0 の値が常に返される「Forefront TMG の Web プロキシ」オブジェクトの平均カウンターは、.NET Framework から照会されたときに

2967763

FIX、"Const の SE_VPS_VALUE = 2"UPN が実際のドメインに関連付けられていない場合、ユーザーの設定が機能しません。

2973749

FIX HTTP 接続検証方法で、TMG 2010 では予期しないエラーが返される

2700248

修正: Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 を実行しているサーバーはすべての新しい接続の受け付けを停止し、応答しなくなった場合

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×