現象

Windows Server 2016 に、HYPER-V では、.vmrs ファイルは、仮想マシン (Vm) の実行中の状態を保存します。VM が起動して実行中の場合は、.vmrs ファイルのサイズは、VM の構成されている RAM のです。VM をバックアップすると、HYPER-V ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) ライターもバックアップするファイルと .vmrs ファイルを返します。

このような場合は、増分バックアップを行うと実際のデータの増分可能性がありますバックアップされている実際のデータよりもはるかに少なくします。たとえば、更新されたデータのサイズが 5 GB の場合は、実際のデータをバックアップされている可能性があります 105 GB VM 用に構成されている RAM のサイズが 100 GB の場合。

原因

デザインでは、この動作します。

ホット バックアップを実行し、.vmrs ファイルをバックアップしない場合は、 、ことが、VM をシャット ダウンを強制することと同じと吐き出されていない書き込みは、メモリ内のデータが失われます。VM を復元すると、「VM はシャット ダウンが予期せず」のようなメッセージが表示される場合があります。

詳細

HYPER-V のライターは、バックアップ ・ アプリケーションが .vmrs ファイルを保護することをお勧めします。VM を復元処理中に予期せず電源が発生する可能性があります .vmrs ファイルをバックアップから除外します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×