HYPER-V 役割がインストールされている Windows Server 2008 ベースのコンピューターで stop エラー メッセージ:"Stop 0x0000001A (MEMORY_MANAGEMENT) のエラー コード"

現象

HYPER-V 役割がインストールされている Windows Server 2008 ベースのコンピューターを実行している場合は、コンピューターが突然再起動することがあります。次に、次の Stop エラー メッセージが表示される場合があります。

STOP 0x0000001A (パラメーター 1
parameter2, parameter3,
parameter4)
MEMORY_MANAGEMENT

頻繁にこの問題は発生します。ただし、この問題が発生する確率は、実際の設定に依存します。たとえば、この問題は特定 HYPER-V フェールオーバー クラスターのシナリオで発生する可能性が高いです。ただし、この問題はクラスターのシナリオに排他的ではありません。

原因

この問題は、HYPER-V コンポーネント (Vid.sys) 正しくの割り当てを解除しないシステム プロセスのアドレス空間内のいくつかのページも、これらのページが割り当てられていない場合に発生します。この現象は、システム プロセスのアドレス空間を破壊します。他のプログラムまたはサービスは、破損しているアドレス空間にアクセスすると、Stop エラーが発生します。

解決策

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Windows Server 2008 の最新の service pack を入手します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×