IN-TCS on Sales of Goods (2020 年 9 月 30 日付の CBDT 循環 17 に基づく変更)

概要

商品の販売に関する TCS

 このドキュメントでは、税の機能について説明します。 商品の販売に関するソース (TCS) での収集。 この機能では、 TCS 控除の基本セットアップを行うには、 商品取引の販売、顧客からの取引に関する TCS の計算、または 顧客のグループ、顧客が PAN を持ってない場合のトランザクションに関する TCS 番号などを入力します。

 セクション 206C (1H) に関する TCS は、 販売に対する対価に対する顧客からの支払いを受け取った時刻を示します。 いつ 販売者が支払い TCS 金額を受け取った場合は、中間支払いとして引き落とされます の支払いを行い、TCS 買掛金勘定にクレジットを支払います。 請求書の投稿時の TCS 金額 は、中間支払勘定に投稿され、請求書の値に追加されます。

 この機能のもう 1 つの重要な点は、複数の顧客が同じ PAN 番号を持っている場合に、 トランザクション量は、しきい値の制限と比較するために TCS 控除に対するトランザクションの適格性を決定します。

image.png

TCS 控除の基準額:

CBDT vide circular no. 17 Dated 30.09.2020, has の受領に関して収集が行われたので、 GST を含む間接税に対する調整はありません。 この条項に基く税金の回収に対して行う必要があります。 したがって、TCS GST を含む販売上の考慮事項に収集する必要があります。

[税グループの持ち主] のユーザーには、次のオプションを含めるオプションがあります。 TCS 計算の基準金額に含める GST 税コンポーネントと料金。

 この機能の実装について多くの混乱がありました。新しい TCS プロビジョニングの適用性に関する疑問を取り除く方法として、CBDT は30-09-2020日付の循環第 17 号を発行し、オプション (c) の方が都合が良く、現実的で、期待される結果を得るのが妥当だと明らかにしました。 

複数の顧客の取引の PAN ベースの蓄積:

 TCS の "商品の販売" 控除に関する TCS の場合、 PAN 番号に基づいて作成できます。 複数の顧客が同じ PAN 番号を持っている場合は、 同じ PAN を持つさまざまな顧客によって実行されるトランザクションはすべて、 で規定されたしきい値の上限と比較して累積され、 行政上の問題を示します。

 ユーザーには、 顧客のようなベンダーの PAN 数に基づいて購入のしきい値を累積します。 ただし、 累積は、1 つの法的情報内でベンダーまたは顧客に基づいて行う エンティティ。 法的法人間の蓄積は対象から外れ、

ポイント 税金の回収

 商品の売上に関する TCS の解釈に基く u/s 206C (1H) の場合は、領収書の受領時に税金を回収する必要があります。 明確化される の下で、実際の支払い時に商品の販売に関する TCS が収集されるという法律に基 を受け取ったと見なされます。

ただし、 商品の販売を行う場合、販売元は、 TCS の金額を指定します。実際の 支払いを行う必要がない場合があります。 TCS 金額が購入者に引き落とされている場合でも、 206C (1H) に基く責任は、 が収集されます。 この要件に対応するには、新しいオプション "税責任 支払い" が [Withholding tax group] の下に追加されます。

このオプションにマークを付け システムは、"中間勘定" フィールドを "差し込み税" の下でアクティブ化します。 コードを入力します。 商品の請求書の販売の投稿時に税額が投稿されます を "中間 TCS 買掛金勘定" に引き落とし、"顧客アカウント" に引き落とします。 ユーザーが 請求書を発行した時点で購入者から支払いを受け取る 支払い時に TCS 責任を計上します。

 支払いの前受け取り時の TCS:

 販売者が購入する度に は、販売に対する支払いを受けるか、前金を受け取った場合、 販売者には、第 206C(1H) の下で TCS を差し引く必要があります。 問題が発生する 支払いを受け取った金額が しきい値システムを使用してトランザクション値を粗大にし、TCS 金額を計算します。 ここで、計算された TCS 量を手動で調整する必要があります。 最初の 2 四半期 ユーザーが顧客支払い時に計算された TCS 金額を手動で調整する必要がある トランザクション

  CBDT プレス リリースに基づいて組み込まれた変更:

新しい TCS プロビジョニングの最初の例 解釈はエキスパートによって行われたもの: 

  (a) 販売額と 販売に対する検討として受け取った金額が、 前年

(b) 販売金額が Rs を超えた場合に回収される税金。 購入時に受け取った販売検討額に関係なく、50 ラフ語 前年

(c) 販売金額として受け取った金額に対して回収される税 の支払額に関係なく、50 ラフドルを超える 前年の間に表示されます。 

Dynamics AX2012R3 の初期解釈ソリューションに基づく  が オプション (a) で提供されました。

この機能の実装について多くの混乱がありました。新しい TCS プロビジョニングの適用性に関する疑問を取り除く方法として、CBDT は30-09-2020日付の循環第 17 号を発行し、オプション (c) の方が都合が良く、現実的で、期待される結果を得るのが妥当だと明らかにしました。

次の変更に従って新しい解釈に準拠するソリューションを作成するには が既存の機能に組み込まれたとします。  

  • "初期達成しきい値" が導入されました 概念: CBDT の明確化に基き、"この TCS は は、2020 年 10 月 1 日以降に受け取った金額にのみ適用されます。 ただし、 しきい値は年間の領収書に基づいており、 このしきい値 Rs. 50 lakh の計算では、 2020 年 4 月 1 日からの年を考慮する必要があります。  たとえば、Rs. 1 を受け取った販売元などです。 特定の購入者から 2020 年 10 月 1 日以前に支払い、Rs. 5 lakh を受け取る 2020 年 10 月 1 日以降、Rs. 5 lakh のみおよび Rs. 55 lakh [i.e Rs.1.05 crore - Rs. 50 lakh (threshold)] ではなく、 10 月 1 日以前に受け取ったしきい値の計算量も考慮されます。  この変更に対応するために、 初期しきい値の概念。

  • TCS の支払い回収に関する 販売に関する考慮事項に対する顧客:

CBDT の説明に関する説明では、"次の場合があります。 この TCS は、販売の受領時にのみ適用されます。 考慮は、財務年度で Rs. 50 lakh を超えている。 たとえば、販売元 特定の製品から 2020 年 10 月 1 日より前に Rs. 1 crore を販売したユーザー 購入者は、2020 年 10 月 1 日より後に Rs. 10 lakh のみを受け取る必要はありません 支払額がしきい値を超えたので、10 ラフ語で税金を回収する が 50 を超える場合があります。

上記に基づき、 オプションを選択 して 、TCS 控除を有効にします。 販売に関する考慮事項に対する顧客からの支払いの収集。

  • TCS 金額の直接クーポンの投稿日 支払と請求書の取引: TCS に提供される最初のソリューションで の差出人として、関連するクーポンを通じて投稿が行われたと見なされます。 デザインを変更ベースの CBDT プレス メモを使用すると、ユーザーは TCS 金額を直接、転記せずに台帳に投稿できます。 関連するクーポンを通じて利用できます。

  • AP トランザクションに適用された場合の "売上に関する TCS" 回復可能なアカウントの税引き後の金額: ユーザーが "TCS on 購入取引 TCS 金額の "売上" が "TCS" に直接投稿されます 回復可能なアカウント" と表示されます。 ユーザーが TCS 台帳と Form 26AS のマッチングを行う必要がある 照合して、税責任に対する請求の TCS 金額を決定します。

  • クレジット ノートは TCS を取り消します しきい値の累積値に影響を与えずにトランザクションを実行する場合: As 購入者から受け取った対価を基に税額を計算する必要があります。クレジット ノートを発行して購入者の台帳に対して行った調整は、 に影響を与える可能性があります。 投稿は変わりません 税の回収後に、販売者が 購入者に提供されます。 このような状況では、販売額に関する考慮事項は、 販売元は、TCS の計算のために払い戻しを受け、金額を減らしていけなくなります。

  • ユーザーは、 請求書アカウント: 機能管理オプションの下で、 売上に対して TCS グループの既定値を有効にする トランザクションを顧客アカウントではなく請求書アカウントから行います。 これにより、 ユーザーがサード パーティの請求書のシナリオを処理します。

  • ユーザーは、 購入取引のベンダー アカウント: 機能管理オプションの下には、 をユーザーに提供し、購入時のトランザクションで TCS グループの既定値を有効にした場合 "TCS の保有グループ" が仕入先アカウントに関連付けされます。

 スコープ外のシナリオ:

  • 会社間取引は対象から外れ、 を選択します。

この機能は次の方法でサポートされています。 または新しいバージョンの財務:

  • Dynamics AX2012R3

 セットアップを実行する手順 商品の販売に関する TCS (支払いベースのコレクションに基づいて):

必須のセットアップが 3 つある ユーザーは、支払い回収ベースで "良好な売上に関する TCS" を有効にする必要があります :

a. 機能管理を通じて機能を有効にする :

Section 206C(1H) では、 金額が商品の販売の対価として受け取る場所で収集されます。 簡単に言い換えると、金額を受け取った場所で税金を回収する必要があります。 01-10-2020 以降。 したがって、トリガー イベントは販売に関する考慮事項の受け取りです。 一部の支払いユーザーに対してこの機能を有効にするには、 機能を "総勘定元帳パラメーター" の下に表示します。 

パス: 全般 [帳>の設定>総勘定元帳パラメーターを直接>する 税金

image.png

b. 必須 の税コード "TCS on sales" の [しきい値階層を有効にする] オプションを この機能:

必要な場合があります。 適用する税コード "商品の販売に関する TCS" の "しきい値階層を有効にする" をマークする PAN 条件付き(および PAN 条件なし) に基づく TCS レート。

c. マーク [支払いの責任] チェックボックスの [売上に関する TCS]

を選択し、支払い時に TCS を差し引く場合は、 コレクション

支払額を支払う必要があります。

注:

  1. In システムで作成される "支払いの責任" をユーザーがマークしていない場合 請求書の TCS 責任。

  2. In ユーザーが総勘定元帳パラメーターの [支払い回収に対して TCS 計算を有効にする] の機能を有効にしていない場合 」と入力すると、請求書と支払額の両方が考慮されます。 を使用してしきい値の決定を行います。 (現在、最初のリリース以降に動作しています。 販売に関する TCS の機能)

初期化された "初期しきい値達成値" :

TCS は 10 月 1 日から適用されますが、しきい値決定トランザクションに対して 累積は、毎年 4 月 1 日から行います。

TCS 計算で値の累積がどのように決定されるのかの例:

しきい値を指定するとします value INR .50,00,000  

該当する TCS 2020 年 10 月 1 日  

次の手順に従 次のように実行されるトランザクション:  

image.png


顧客のイニシャルの場合 累積値は次のように決定されます。   

受け取ったお支払い 2020 年 4 月1日から 9 月 30 日まで (15,000,000+5,000,000+20,000,000) =40,000,000  

初期累積 value = 40,00,000 

まずは 2020年 10 月 10 日より後の支払額 =12,000,000 

累積合計 値は = 40,00,000+12,00,000= 52,00,000 になります。 

TCS で計算される 以下に示します。 

52,00,000-50,00,000=2,00,000 *0.1% = 20  

     初期累積値を計算するには 新しいセットアップが導入された場合は、次の手順を実行します。

      パス: 税金>の>の設定 税額>最初のしきい値達成額

 image.png

Option Initial threshold achieved value:

フォームを開き、日付範囲を 2020 年 4 月 1 日に定義する を 20209 月 30 日まで選択し、[初期化] ボタンをクリックします。 支払い 指定した日付範囲で実行されるトランザクションは自動的に考慮されます を使用して、各顧客の最初のしきい値達成額を決定します。 "初期化" プロセスが実行されると、[初期化] ボタンは無効になり、有効にできません もう一度クリックします。 

ユーザーはシステム生成の初期しきい値を編集できます を保存すると、その顧客に対して記録されます。 ユーザーは次の機能を使用できます また、新しい顧客を手動で追加します。新しい顧客が 初期化プロセスの後にシステムにインストールされます。 ただし、最初のしきい値のニーズ を選択して手動で更新します。

image.png

新しい保有税コード "商品の販売" を作成する:

パス: 税金>設定>税コードと商品>の販売

image.png

ユーザーが次の "withholding tax component" をアタッチすると、 "TCS" と入力すると、新しいフィールド "中間勘定" が有効になります。

[税] チェック ボックスをオンにするまでアカウントを選択しない "資産税グループ" の下に表示されます。

[しきい値階層を有効にする] - [はい] を選択します。

"Yes" "PAN ベースの累積 "option will" の選択時 有効にする

ユーザーは、顧客との取引に 同じ PAN 番号を入力します。

新しいファイルを作成する 税グループ 「商品の販売」。

パス: 税>の>グループの>の販売 商品

image.png

税の種類が "TCS" で、マークが付く、手付き税グループを作成する チェック ボックス "支払時の納税責任"-はい。

その後、"差し込み税コード" フォームに戻り、 "中間 TCS 買掛金勘定" を選択する 作成された "中間勘定" フィールド "インドの持ち込み税 (TCS) " と入力されている勘定のグラフ

TCS の基準金額の一部である場合は GST 税コンポーネントを含める "TDS または TCS に GST 税コンポーネントを含める" フィールドの下の計算 計算"

料金が TCS 計算の選択の一部ではない場合は "Yes" "TDS または TCS 計算の料金を除外する" フィールドの下

アクション ウィンドウの [デザイナー] ボタンをクリックし、 TCS 数式を入力します。

しきい値の定義:

パス: 税>設定>しきい値の定義。

"商品の販売" のしきい値定義を定義します。

2 つのしきい値の平板を定義する必要があります。

  • 0 から最大

  • 最大 - 0

image.png

"販売価格" の TCS しきい値のセットアップ 商品"

商品の販売に関する TCS は、1 人の顧客または複数の顧客に適用されます PAN 番号が同じ。

顧客の PAN 番号が利用できない場合は、より高い税率が適用されます 適用除外された売上高を合計した後に支払う必要があります。

顧客が PAN 番号を持つ場合は、より低い税率が適用されます。

ユーザーは、顧客のしきい値参照を定義する必要があります。

image.png

しきい値デザイナーをクリックする

オプションを使用して 2 つの平板を定義します。

  • PAN 番号を使用する

  • PAN 番号なし

オプションごとに個別の TCS レートを定義します。

計算基準を定義する場合 適用除外された平板の場合

  • 税金を計算する - いいえ

(別の option Calculate tax – Yes and value – 0) 

  • 以前の税以外のトランザクションを計算します。いいえ。

  • 売上高ベースに含める – はい。

計算基準を定義する場合 課税可能な平板の場合

  • 税金の計算 – はい。

  • 以前の税以外のトランザクションを計算します。いいえ。

  • 売上高ベースに含める – はい。

image.png

重要な点は、"しきい値" designer" ユーザーは、2020/4/1 から 2021/03/31 まで、各版の日付を定義する必要があります。 システムは、しきい値の日付範囲に最初の金額の日付が含まれるかチェックします。 範囲を指定します。 その場合、システムは定義された最初の金額を の支払いを行い、最初の金額の日付の取引は考慮しない の範囲で、日付範囲の売上高が最初の値として定義されている 金額を入力します。 上記の場合、しきい値の日付範囲 '2020/4/1 – 2021/3/31' には、日付範囲 '2020/4/1 - 2020/9/30' が含まれるので、 の支払いを合計した後、支払額が 期間 '2020/10/1 – 2021/3/31' を売上高の別の部分として指定します。 最後に、 売上高は、最初の しきい値の金額 + 累積売上高です。 '10/1/2020 – 3/31/2021'.

顧客の TCS の計算をアクティブ化する:

売掛金>顧客>すべての顧客

image.png

請求書の投稿 TCS の支払取引と計算を行います。

  • しきい値 limit : 50,000,000

  • TCS 利率 : 0.0750

  • 以下に is トランザクションの詳細:

image.png


3 桁の小数点以下の税率について説明する主なシナリオ:

  • 受注

  • 無料テキストの請求書

  • 顧客支払いジャーナル

  • プロジェクトの請求書

  • 全般ジャーナル

  • 複数行のジャーナル

  • 請求書アカウントを通じた TCS

  • PAN ベースのしきい値の蓄積

  • クレジット ノート

 

ユーザーが システムが計算する "初期しきい値達成値" を初期化し、 INR 53,000,000 を表示します。 

顧客から受け取った 2,00,150 の支払いを投稿する場合 次の会計エントリが投稿されます。

会計のエントリ: 

image.png

: ユーザーは、 システムが初めて しきい値の金額を指定します。 違いは軽微です。 計算のバリエーションは次の式で表されます。 現在のアルゴリズムの動作が異なっています。 次のページで修正されます リリースします。

請求書の場合 が投稿されます。前回の支払い取引エントリに対して、次のように投稿されます

 image.png

 TCS オン ベンダーによって差し引かれる商品の購入:

TCS が組織に対して差し引かれた場合は、 販売ベンダーの場合、ユーザーは同じ持ち手税グループ "TCS on sales 商品の数" と表示されます。 しきい値は、購入トランザクションには適用されません。   発注の投稿時に TCS 金額を注文する TCS 回復可能なアカウントに直接投稿されたベンダーによって差し引かれる可能性があります。  ユーザーは govt から Form 26AS をダウンロードする必要があります。 を使用して、政府を主張する前に回復可能な金額と一致する必要があります。

image.png

 すべての組織は、後で TCS 控除のクレジットを請求します Form 26AS を使用して控除を調整します。

[税金の支払い>>に移動> TCS >税>税

ユーザーは、必要な列フィールドを選び、レポートを生成できます。

image.png




現象

お客様から回収された現金による支払いが、年度中に 50 ラフ語を超えた場合。 

解決方法

支払額の累積額が 50 ラフを超える場合は、TCS 利率を適用します。 

修正プログラムの情報

ユーザーは、KB 4089749 と KB4528707 を通じて販売機能に元の TCS をインストールする必要があります。 その後、KB 4598394 を通じて現在の修正プログラムをインストールする必要があります。 インストール順序は昇順 (KB4089749 ->) と同じです。  KB4528707 -> KB4598394。


https://fix.lcs.dynamics.com/issue/results/?q=4598394https://fix.lcs.dynamics.com/issue/results/?q=4598394


詳細情報

テクニカル サポートにお問い合わせください。 国固有の電話用のこれらのリンクを使用した電話での Microsoft Dynamics 数値を入力します。 これを行うには、次のいずれかの Microsoft Web サイトにアクセスしてください。

 パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contactshttps://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contacts

顧客

https://mbs.microsoft.com/customersource/northamerica/help/help/contactushttps://mbs.microsoft.com/customersource/northamerica/help/help/contactus

特別なケースでは、 通常、サポートの呼び出しに対して発生した通話は、テクニカル サポートが Professional for Microsoft Dynamics および関連製品では、 特定の更新プログラムで問題が解決します。 通常のサポート コストが適用されます の条件を満たしていないその他のサポートに関する質問や問題に対して 問題の特定の更新プログラムを参照してください。

                これは、直接作成された 「FAST PUBLISH」の記事です。 を Microsoft サポート組織内で行います。 ここに含まれる情報は、 は、新たな問題に対応するために用意されています。 次の速度の結果として、 を利用するには、資料に入力ミスが含まれている可能性があります。また、 変更は、予告なくいつでも行えるものとします。 使用条件 を表示する の使用に関するその他の考慮事項について説明します。



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×