概要

このセキュリティ更新プログラムは、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) で実行されている Internet Explorer 11 について報告されているいくつかの脆弱性を解決します。 これらの中で最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。 脆弱性の詳細については、「Microsoft の一般的な脆弱性と漏洩」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムには、次の問題を解決する Internet Explorer 11 の機能強化と修正が含まれています。

また、この累積的な更新プログラムの詳細については、次の資料を参照してください。

Windows 7 SP1 と Windows Server 2008 R2 SP1 の更新プログラムの履歴


重要

  • Internet Explorer 用のこの累積的な更新プログラム 4096040 に含まれている修正プログラムは、2018 年 3 月のマンスリー ロールアップのプレビューにも含まれています。  このマンスリー ロールアップのプレビューをインストールすると、この更新プログラムに含まれる修正プログラムもインストールされます。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

この更新プログラムの入手方法

Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

必要条件

この更新プログラムをインストールするための必要条件はありません。  

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、セキュリティ更新プログラム 4089187 を置き換えます。

ファイル情報

この累積的な更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム KB 4096040 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ファイル名

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

IE11-Windows6.1-KB4096040-X86.msu

5FB62009F3F7C20AE27216678FA9617100C54E45

C84FB04D86DBEDC1EAB0881EF850F06788D403894C5EFF6AABCEA08F28A1FB74

IE11-Windows6.1-KB4096040-X64.msu

CC3557DC1FB1F344FEBDEF72971257CD0A7FE047

41D59F1E50722E2F01C048D5B819BC8AF9B9FF4862220F9FDE49F6D8A71D6F99

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する標準的な用語集を参照してください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×