現象

SoftAP が有効になった直後に Internet Explorer を起動し、Internet Explorer で 設定 オプションを自動的に検出する (既定のオプション) 場合、ホーム ページが読み込まれるまで遅延が発生し、Internet Explorer が応答する可能性があります。

原因

この問題は、SoftAP インターフェイスで DHCP が正しく無効にならない場合に発生する可能性があります。これにより、DHCP アドレスがインターフェイスによってクエリされるので遅延が発生します。

解決方法

この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • Internet Explorer で WPAD プロキシ構成を無効にするには、[インターネット オプション] を開き、[接続] タブをクリックし、[LAN 設定] ボタンをクリックして、[設定 を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。

  • SoftAP インターフェイスで DHCP を手動で無効にするには、 http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc962477.aspx を使用します。



2 番目のオプションで使用する SoftAP アダプターの GUID を特定するには、次のコマンドを使用して WMI wbemtest.exe。

  1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックします ([実行] オプションが表示されない場合は、[キー + R] のショートカットを使用Windows)、wbemtest

  2. [Connect

  3. [Connect

  4. [クエリ] をクリックします。

  5. [GUID] をWin32_NetworkAdapter NetConnectionID='adapter name' を選択します。ここで、"アダプター名" は SoftAP アダプター (一般にワイヤレス ネットワーク接続 2) です。

  6. [適用] をクリックします。

  7. 表示される結果をダブルクリックし、インターフェイスの GUID が表示されるまで下にスクロールします。



ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×