Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

警告: 廃止されたサポート対象外の Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは、2023 年 2 月 14 日に特定のバージョンの Windows 10 でMicrosoft Edge 更新プログラムを通じて完全に無効になる予定です。

詳細については、「aka.ms/iemodefaq」を参照してください。

組織でビジネスの中断が発生しないように、Microsoft Edge で IE モードを設定し、この日付より前に IE11 を無効にすることを強くお勧めします。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 WebBrowser コントロールをホストするアプリケーションがあります。

  • 相互作用は、アプリケーションでレンダリングされる HTML 要素と共に発生します。

  • アプリケーションはカーソルの配置または更新を試みます。

このシナリオでは、Mshtml.dllのエラーが発生する可能性があります。

原因

この問題は、HTML 要素が現在のレンダリング ビューから動的に削除され、1 つ以上の HTML 要素がポインターの位置の下に直接ビューにスクロールする場合に発生します。 この場合、ポインターの下の要素が先祖に加えて列挙され、関連付けられているテキストまたはヒントのプロパティが識別されます。 列挙プロセスが、現在のビューから削除された要素を逆参照しようとすると、エラーが発生します。

解決方法

セキュリティ更新プログラムの情報

この問題を解決するには、Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。 これを行うには、[更新プログラムのMicrosoft] に移動します。

Internet Explorer の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムの詳細については、「Microsoftセキュリティ情報」を参照してください。

ステータス

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

Internet Explorer 8 for Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の場合、この更新プログラムは MS13-059 に最初に含まれていました。 これは、2013 年 8 月 13 日付の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム です。

Internet Explorer 8 for Windows Server 2008 Service Pack 2 および Internet Explorer 9 for Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の場合、この更新プログラムは MS13-080 に最初に含まれていました。 これは、2013 年 10 月 8 日付の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム です。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの説明に使用Microsoft用語を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×