IOPS の書き込みの増加により、電子メール配信の遅延が Exchange Server 2013 環境で

現象

Microsoft Exchange Server 2013 環境は、 を適用した後で発生する入力/出力操作あたり 2 つ目 (IOPS) 書き込み増加幅の大きい FolderUpdateGroup のストレージです。メールボックス データベースへのメール配信に遅延があります。

原因

これは、FolderUpdateGroup の既知の問題です。

回避策

この問題を回避するには、セット MailboxDatabase [メールボックス データベース] IndexEnabled $falseコマンドレットを実行してメールボックス データベースのインデックス作成を無効にします。

解決策

この問題を解決するには、またはそれ以降のをインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×