重要 この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前に、必ずバックアップを作成し、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解しておく必要があります。レジストリをバックアップ、復元、および編集する方法の詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。

256986マイクロソフトの Windows レジストリの説明

現象

Microsoft インターネット セキュリティとアクセラレータ (ISA) Server を構成して Microsoft SQL Server データベースにログオンすると、アプリケーション イベント ログに次のエラー メッセージが表示されることがあります。これらのメッセージの重要な情報は、msFPCNameプロパティが資格情報コンテナーに見つからないことです。

回避策

アクティブ ディレクトリ

メモこのセクションは、イベント ログ メッセージに "LDAP://" という単語が含まれている場合にのみ使用します。Active Directory と ADSI 編集スナップインを使用してイベント ID をマスクするには、次の手順を実行します。警告 ADSI編集スナップイン、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP バージョン 3 クライアントを使用して、Active Directory オブジェクトの属性を誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。これらの問題により、Windows 2000 サーバー、Windows Server 2003、Exchange 2000 サーバー、または Windows と Exchange の両方を再インストールする必要があります。マイクロソフトは、Active Directory オブジェクトの属性を誤って変更した場合に発生する問題を解決できることを保証できません。これらの属性は、ご自身の責任で変更してください。

  1. コマンド プロンプトで、 Regsvr32 schmmgmt.dllと入力します。Schmmgmt.dll ファイルは Windows\System32 フォルダにあります。

  2. Active Directory スキーマ スナップインを開きます。

  3. Active Directory スキーマ操作マスタを右クリックし、[このドメイン コントローラでスキーマを変更できる]を選択します。

  4. [クラス] を展開し、[msfpccredentials]を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。[属性]をクリックし、[追加]をクリックします。 [適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

  5. ADSI 編集スナップインを開きます。 [ドメイン]、[システム]、[FPC]、[アレイ]の順にクリックします。[GUID] をクリックし、[ログ] をクリックします。

  6. [資格情報]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。[表示するプロパティを選択してください]ボックスの一覧の[両方]をクリックします。[表示するプロパティの選択]ボックスの一覧の[msFPCName]をクリックします。[属性の編集]ボックスに任意の文字列を入力します。[適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

  7. ドメイン コントローラ間で強制的にレプリケーションを実行します。

  8. ISA サービスを再起動します。

レジストリ

メモこのセクションは、イベント ログ メッセージに "LDAP://" 警告が含まれていない場合に、レジストリ エディタを誤って使用すると、オペレーティング システムの再インストールが必要になる重大な問題が発生する可能性があります。マイクロソフトは、レジストリ エディタを誤って使用した結果として発生する問題を解決できることを保証できません。レジストリ エディタは自己責任で使用してください。レジストリを使用してイベント ID をマスクするには、次の手順を実行します。

  1. コマンド プロンプトでregeditと入力します。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Fpc\Arrays\{CurrentArrayGUID}\Logs\WebProxy\Credentials

  3. 右側のウィンドウで右クリックし、[新規作成]をクリックします。[文字列値]をクリックします。

  4. [新しい値の#1]ボックスに「msFPCName」と入力します。

  5. [msFPCName]をダブルクリックします。

  6. 値データの任意の文字列を入力し、[OK]をクリックします。

  7. レジストリ エディタを終了し、ISA サービスを再起動します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

これらのエラー メッセージは、SecurID 資格情報のエクスポート機能によって発生する誤ったレポートです。この問題は、Web プロキシ サービスにのみ影響します。詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。

313139最新のインターネット セキュリティとアクセラレータ サーバー 2000 サービス パックを入手する方法

319380 ISA Server 2000 機能パック 1 の概要

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×