Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この修正プログラムは、顧客支払の受信を ISO20022 camt.054 クレジットのアドバイスのファイルから Microsoft Dynamics AX 2012 r3 の場合、Microsoft Dynamics AX 2012 の R2、Microsoft Dynamics AX 2012 では、および Microsoft Dynamics AX 2009 の SP1 の顧客支払仕訳帳にインポートできる機能を紹介します。

詳細

修正プログラムの変更は、受信した顧客の支払を Microsoft Dynamics AX で、camt.054 のクレジット アドバイス ISO20022 ファイルからの顧客支払仕訳帳にインポートするための変更を有効にします。

セットアップ

  1. 支払方法を設定します売掛金勘定アカウント > セットアップ > 支払 > 支払方法。

    1. ISO20022 camt.054.001.02のインポート形式] フィールドで選択します。

    2. 支払勘定] フィールドには、銀行口座を選択します。

  2. 内の顧客レコードを設定します売掛金勘定アカウント > お客様 > すべての顧客: 名前、組織の数。

    ESR 支払がインポートされる場合は、ISR の参照 (スイスの法人に該当する)、顧客 ("顧客支払の場合、アカウントの長さ] のフィールド) の自動識別の ISR の参照で使用される顧客コードの長さを設定を含んでいます。その顧客番号とのみの数字とその他の文字を含まない請求書番号 (数字のシーケンス) が含まれています。また、請求書番号はゼロです。

  3. 顧客レコードで銀行口座を押し、顧客の銀行口座レコードを設定します: IBAN または銀行口座番号、SWIFT または番号をルーティングします。

  4. 法人の銀行口座での設定現金および銀行管理 > 銀行口座を。

    1. IBAN または銀行口座番号、SWIFT またはルーティングの数値、通貨、アドレスします。

    2. 詳細な口座調整を使用する場合は、調整の高速] タブで詳細な口座調整のパラメーターを有効にします。

      未転記のインポートされた支払を調整する場合は、アクティブにもパラメーターとして電子支払確認書の使用の口座取引明細書。

    3. ESR の支払 (スイスの銀行の該当する場合) をインポートしようとする場合は、次のデータを設定します。

      ESR:ESR システムの構成要素として取得する契約を表す一意の番号です。
      BESER ID:これは、ESR システムでご利用の銀行の一意の識別子です。銀行口座を記入する必要があり、通常 6 桁の数字を持ちます。

  5. (省略可能)設定システムでのファイルおよび銀行トランザクション タイプのトランザクション コードの銀行間のマッピングです。

    1. オープン現金および銀行管理 > 設定 > 銀行調整 > トランザクション コードのマッピングです。

    2. 銀行口座を選択して、左側にあります。

    3. 右側に新しい行を作成ステートメントのトランザクション コードを入力して、それぞれの銀行トランザクション タイプを選択します。

    ヒント!ステートメントのトランザクション コードで、ドメインのコードのマッピングを設定する場合は、3 つのレベルからの連結された値を入力: DomainFamilySubfamily、例: PMNTRCDTDMCT (支払 > クレジットの転送を受信した > 国内クレジットの転送)。

  6. 場合はファイルには、入金される支払の転記と投稿すると、トランザクションの請求金額が含まれています。

    1. 支払手数料を設定します売掛金 > セットアップ > 支払 > 支払手数料。請求金額] フィールドには、専用の GL アカウントにその手数料の金額が請求されるので「元帳」を選択します。

    2. 支払方法と支払手数料の設定のフォーム (フォームの支払方法の支払手数料の設定ボタンをキーを押します) で銀行口座への支払手数料の ID を関連付けます。

顧客支払をインポートします。

  1. 顧客支払仕訳帳を開き、明細行に移動します。

  2. プレス関数 > 支払のインポート。

  3. ダイアログ ボックスで、選択する対象のトランザクションの支払方法をインポートした場合は、キーを押して [ok]。

  4. 支払のインポート ダイアログ ボックスで、次のパラメーターを設定して [ok] を押します。

    1. (支払方法のデフォルトでした) の場合は、銀行口座を選択します。銀行口座が空白の場合は、ファイルからのすべての銀行口座の通知がインポートされます。

    2. インポートで使用されるファイル名を選択します。

    3. 顧客をしない、システムで検出されたレコードをインポートする場合は、不適切なレコードをインポートするには、アクティブにします。顧客はこのような行で空白のままです。

    4. 管理レポートを印刷する場合は、コントロール レポートの印刷を有効にします。

    5. インポートされた顧客の支払は、システム内の請求書で決済する必要がある場合は、決済トランザクションのアクティブ化します。

      送金の情報を構造化がファイル (債権者の参照を構造化または参照先のドキュメントの構造を持つ) で提供されている場合にのみ、請求書が検索されます。

    6. 着信落が仕訳帳にインポートする必要がある場合は、直接の借方トランザクションのインポートを有効にします。

      落がシステムから開始されたいないときにのみ、このオプションを選択する必要があります。

  5. 受信日時の状態で、生成された支払明細行を確認します。転記または調整するには、明細行を準備します。

    (これは推奨しません)、明細行の金額を変更する場合は、インポートした手数料の金額が再計算されます支払手数料の設定の設定に基づきます。

  6. 勘定明細書をインポートし、詳細な口座調整による未転記の支払を調整する場合は、選択のすべての支払明細行とキーを押して支払ステータス > 送信。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contactsお客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。


インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用する必要があります。
この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を893082

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R3

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2

  • Microsoft Dynamics AX 2012

  • Microsoft Dynamics AX 2009 SP1

再起動の必要性

修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×