JavaScript 用 Windows ライブラリの更新プログラム

はじめに

この記事では、JavaScript 用 Windows ライブラリの更新プログラムで修正される問題について説明します。

JavaScript 用 Windows ライブラリの各バージョンで修正される問題は、次のとおりです。

' WinJS ' バージョン 1.0.9200.20789 (2013 年8月8日)

  • 画面の解像度が 1920 x 1080 より高い場合、WinJS FlipView コントロールには、項目の座標の計算でオーバーフローの問題が発生します。

' WinJS ' バージョン 1.0.9200.20512 (2012 年9月26日)

  • WinJSオブジェクトでは、右から左に記述する言語 (たとえば、ヘブライ語を使用するテキスト) を使用するテキストが左から右の方向に表示されます。

  • SetAttributeメソッドの呼び出しが複数回実行されると、コンピューターのパフォーマンスが低下します。

' WinJS ' バージョン 1.0.9200.20498 (2012 年9月4日)

  • Windows 8 で有効期間が長いデータを参照する一時オブジェクトを作成すると、windows ストアアプリを使用して JavaScript エクスペリエンスのメモリリークが発生します。 さらに、バインディングリスナーに状態がある場合、すべてのバインディングリスナーは一時的なオブジェクトにとどまります。

詳細情報

ホーム ユーザー向けの情報

追加の操作を行う必要はありません。 JavaScript 用 Windows ライブラリは、それに依存する Windows 8 アプリをインストールまたは更新するときに、コンピューターにインストールされます。

開発者向けの情報

JavaScript 用 Windows ライブラリに依存するアプリを開発してデバッグする場合は、JavaScript 用 Windows ライブラリ用の Visual Studio 拡張機能の最新バージョンをダウンロードしてください。 これを行うには、次の Microsoft web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×