はじめに

この記事では、Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) で修正されたバグについて説明します。注意事項

  • まだ記載されていないその他の解決策は、service pack に含まれている可能性があります。

  • この一覧は、さらに資料が公開されたときに、更新される予定です。

SQL Server 2008 service pack の入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

968382 SQL Server 2008 の最新の Service Pack を入手する方法

詳細情報

この記事に記載されている修正に加えて、SQL Server 2008 SP2 には累積的な更新プログラム 1 ~ SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) に含まれていた修正プログラムが含まれています。 SQL Server 2008 SP1 で利用できる累積的な更新プログラムパッケージの詳細については、次の記事の番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

970365 SQL Server 2008 SP1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 ビルド

この service pack で修正されるバグ

SQL Server 2008 SP2 で修正されたバグの詳細については、次の記事の番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

説明

249682

2216454

修正: SQL Server 2008 を実行しているサーバー上のパーティションに変更を加えた後、ProcessAdd コマンドを実行すると、エラーメッセージ "内部エラー: 予期しない例外が発生しました" が表示される

256736

2322209

修正: SQL Server 2008 で共通テーブル式を使用するステートメントで SELECT を囲む場合に、誤った結果が表示される

258076

2216456

修正: Analysis Services での "操作は取り消されました" というエラーメッセージテキストの SQL Server 2008 Service Pack 2 の機能強化

270561

2216460

SQL Server 2008 でプロジェクトを開こうとしたときに表示されるエラーメッセージ: "見つかったアセンブリのマニフェスト定義がアセンブリ参照と一致しません"

274280

2216461

SQL Server 2008 のセットアップで Windows Server 2008 ベースのクラスターのマウントポイントにインストールできない

284360

955850

SQL Server System CLR Types パッケージ (SQLSysClrTypes) のバイナリを使用しようとしたときに表示されるエラーメッセージ: "DLL ' SqlServerSpatial ' を読み込めませんでした。アプリケーションの構成が正しくないため、このアプリケーションを起動できませんでした"

301603

2216465

/Pcusource または/CUSOURCE のパスにスペースが含まれていると、SQL Server 2008 のスリップストリームインストールが失敗します。

317800

2216472

SQL Server 2008 または SQL Server 2005 Analysis Services ROLAP クエリで間違った結果が返される

340066

2216474

修正: SQL Server 2008 で時刻、datetime2、および datetimeoffset 型を使用する SET 句で UPDATE ステートメントを使用すると、データが失われることがあります。

347731

2216478

SQL Server 2008 を実行しているサーバー上で、PowerShell バージョン2環境で Get-コマンドを実行すると、"オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません" というエラーメッセージが表示される

351286

2216480

修正: SQL Server 2008 を実行しているサーバー上でレポートを Excel にエクスポートした後、Excel でレポートをプレビューすると、余白がレポートに保持されません。

351981

2216484

修正: SQL Server 2008 を実行しているサーバーのレポートマネージャーでレポートを Excel にエクスポートすると、エラーメッセージ "未処理のマネージ例外: Type = ArgumentOutOfRangeException" が表示される

357416

2216485

解決: リソースモニターが、SQL Server 2008 サーバー上で、生成しない条件を入力する

390126

2216491

アドバンストまたはエンタープライズフェールオーバークラスターのインストール時に sql Server 2008 フェールオーバークラスターで SQL ダンパユーティリティーがエラーダンプファイルを生成できない

396527

980671

SQL Server sa ログインハッシュでの暗号 salt のバリエーションの不足の修正

402453

2019402

SQL Server 2008 フェールオーバークラスターにノードを追加するときに、アカウント名とセキュリティ Id の間のマッピングが実行されなかった "というエラーが発生する

426753

2216499

Sql server 2008 データベースインスタンスを SQL Server ユーティリティに登録できない

426753

2253128

SQL Server 2008 データベースインスタンスにデータ層アプリケーションを展開することはできません。

427703

2216501

解決: マルチサーバージョブが、[MSX] ロールの SQL Server 2000 から TSX ロールの SQL Server 2008 にダウンロードされない

524642

2283072

修正: SQL Server 2008 R2 Reporting Services が2048ビットの RSA キーを使用して FIPS compliancy の Reporting Services キーを暗号化できるようにするための修正プログラムが提供されています。

370540

2448971

修正: SQL Server 2008 でテーブルに多数の行を挿入すると、テーブルのロックがエスカレートされない

この service pack で修正されるその他の問題

以下の問題の解決方法も、SQL Server 2008 SP2 に含まれています。

VSTS バグ番号

説明

270934

日本語の Jamo の符号の後に続く文字列が含まれている文字列の場合、SQL Server 2008 の照合順序で DBCC 破損エラーが発生します。

271554

修正: syscolpars システムベーステーブルに重複する行が表示されました。 この修正プログラムは、DBCC checkcatalog にプロシージャ番号を追加することでそれらを区別します。

271708

クエリに sys.dm_server_audit_status ビューの列を参照するフィルターがある場合、フィルターは無視され、すべての行が sys.dm_server_audit_status から返されます。

280004

非同期バケットターゲットには、dm_xe_map_values で利用可能な情報と比較した場合に、マップされたフィールドに対して正しくない値と文字列のペアが表示されます。

284760

修正: 不一致のビューには、インデックスの数が異なる複数のビューを含めることができます。 この修正プログラムを適用すると、一致した関数と一致するインデックスの数に基づいて、ビューの順序を決定する順序が強制されます。

285377

UAC が有効になっている場合、ユーザーがローカルでレポートマネージャーに移動すると、"アクセス拒否" というエラーメッセージが表示されます。 更新された "アクセス拒否" メッセージを UAC に追加すると、ユーザーはそれに応じて設定に対応することができます。

291707

特定のデータベースで、システムビューを含む select ステートメント用に宣言されているサーバーカーソルを使用すると、そのデータベースがアタッチされて再アタッチされた後に、正しくない結果が表示されることがあります。

293089

ゲージの MaximumValue または MinimumValue の数式の型として "RateOfChange" または "整数" を使用しようとしている放射状ゲージのユーザーは、プロパティグリッドのドロップダウンリストに値が表示されません。

296314

解決策: SQL Server フェールオーバークラスターのセットアップ中に、FailoverAnalysis. .sql ファイルがインストールされます。 このスクリプトは、エラーが発生したときに自動的に呼び出されます。 SqlDMVScriptTimeout private プロパティは、スクリプトが完了するまでの時間 (ミリ秒) を制御します。

302563

ユーザーは、名前にスペースがある共有データソースをアップグレードするときに、検証エラーを受け取ります。 このエラーは、名前にスペースを含めることができないことを示します。

302707

Service Pack 1 for SQL Server Business インテリジェンス開発 Studio 2008 のインストールは、構成ファイルが見つからないため失敗します。

304390

リングバッファーには、XML 出力のサイズ制限に達したときに、不完全なイベントデータ (dm_xe_session_targets からのイベント出力) が表示されます。

307313

ユーザーは、HTTP モジュールで複数の cookie を返すことはできません。 これは、ユーザーがカスタム認証を実装しようとしたときに影響を与えます。

309869

[Sqlsos.task_address]、[sqlsos.worker_address]、および [sqlsos.scheduler_address 拡張イベント] アクションでは、正しくないアドレスが表示されます。

310483

Reporting Services 2008 デザイナーでは、Tablix でセンチメートルをインチに変換します。 これにより、レイアウトの精度が失われます。

313780

"インスタンス" という名前の最初の2つのをアンインストールすると、SQL ブラウザーが無効になります。 これにより、2番目の名前付きインスタンスにアクセスできなくなります。

319216

スマートカードが必要な場合は、ユーザーはデータソースに保存されている資格情報を使用できません。

322046

計算メンバーを返さない set 式を使用したサブセレクト句を持つクエリでは、計算メンバーを持つサブセレクトが許可されていないというエラーが返されます。

327301

Analysis Services では、空の関数を持つ MDX 式を使用してディメンションの既定のメンバーを設定すると、サーバーは、キューブを開こうとしたときに内部エラーを返します。

328752

[Sys.dm_os_wait_stats ビューには、その他の待機の種類に対して重複した行が表示されます。 これにより、監視ツールの問題が発生する可能性があります。

331630

SQL Server Reporting Services 再利用可能なクエリデザイナーで整数値の丸めが正しく処理されない。

333544

修正: 新しいランタイム (CLR v4 など) に対して構築された CLR アセンブリをユーザーが登録しようとすると、新しいエラーコード (6257) が返されます。 以前のエラーメッセージ (コード 6218) は混乱しており、実際の問題を解決できませんでした。

336809

エッジケースでは、"set identity_insert TABLE_NAME on" モードで現在の範囲外の id 値が挿入されます。 この問題は、バックアップ/復元操作でも発生します。

338247

SQLBindParameter 関数によってバインドされているパラメーターが SQL_DATA_AT_EXEC の長さを指定している場合、SQL Server 2008 Native Client の ODBC ドライバーは、パラメーター値が実行用に指定されたときに、SQLPutData 関数が SQL_NULL_DATA の長さを指定した場合に、アクセス違反を引き起こします。

338999

SQL Server Reporting Services 2008 では、ユーザーが SOAP インターフェイスを使ってレポートを実行し、エクスポートするときに、接続のリークが発生します。

347779

SQL Server で、"このクエリを実行するには、リソースプール ' 内部 ' に十分なシステムメモリがありません" というエラーメッセージが生成されることがあります。 この状況は、preventable ことがよくあります。

350670

レポートのアイドル状態が1時間続いている場合、ユーザーは "ページの期限切れ" というエラーメッセージを表示します。

352788

オンラインではないサーバー上にデータベースがある場合、ユーザーが管理データウェアハウスを構成しようとすると、エラー955が発生します。

352862

ReportBuilder 2.0 ClickOnce は、ユーザーが SharePoint 12 の web サイトから ReportBuilder 2.0 を使用してレポートを編集した場合に、起動時に空白のレポートを表示します。

355222

MARS が使用されている場合、sys.dm_os_tasks ビューでは、各タスクに関連付けられた正しい値が報告されるのではなく、すべてのタスクの [request_id] 列に同じ値が表示されます。

355228

修正: bucketizer のターゲットパラメーターが正しく設定されていない場合に発生する、新しいエラーメッセージにより、アクセス違反の原因が示されます。

356127

BCP が列のメタデータ情報を取得すると、正しくない列の照合情報が返されます。

360584

MHTML でレンダリングされたレポートをメール配信しようとしているときに、メモリ内のデータ構造の問題が発生したため、サブスクリプションの実行に失敗します。

368388

ユーザーがテーブルの行のサイズを変更すると、SQL Server Reporting Services 2008 と共に実行される入札2008レポートデザイナーがクラッシュします。

376257

[配信オプションのレポート] ダイアログボックスの [宛先]、[CC]、および [BCC] の各フィールドは、ユーザーをキャンセルするか、または [スケジュールの詳細] ダイアログボックスを閉じて、"レポート配信オプション" に戻ります。

383747

SQL インスタンス名が仮想ネットワーク名と同じである場合、コレクションセットは、クラスターでパフォーマンスカウンターを収集するときに正しく動作しません。

384800

FIX: パラメーターの処理中に特定の条件が発生した場合、詳細な出力で InvalidReportParameterException の追加情報がログに記録されます。

393410

ユーザーが月単位のスケジュールで1つまたは複数の月の選択を解除すると、SSRS によって、その月ごとに個別のスケジュールが作成されます。 場合によっては、"@active_start_date 前に @active_end_date することはできません" というエラーが発生する可能性があります。

393879

データドリブンサブスクリプションは、NULL 値を許容するレポートパラメーターにマップされたときに NULL 値が返されると失敗します。

394977

サブスクリプションと配信の問題は、Reporting Services のトレースファイルで診断が困難です。 詳細なログ記録が必要です。

415084

ユーザーが "インデックスが範囲外です" というメッセージが表示される。 PDF へのエクスポート時には、負でない値とコレクションのサイズより小さい値を指定する必要があります。

419740

ユーザーは、SQL Server 2008 Web SKU でカスタム認証を使用できません。

424595

ユーザー定義型とテーブル値関数を同じトランザクションで作成した場合、またはユーザー定義型の列を含むリターンテーブルが関数に含まれている場合は、自己デッドデッドが発生します。 さらに、これらの操作を実行しようとする接続は終了されます。

421922

修正: テーブルと、Microsoft SQL Server 2008 SP2 の Enterprise、Developer、および評価の各エディションで、最大15000のパーティションがサポートされます。 このサポートを有効または無効にする方法、制限事項、既知の問題と回避策について詳しくは、「15000パーティションのサポート」 (ホワイトペーパー) をご覧ください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=199773

424804

Analysis Services では、一部のユーザーが、IIF 関数の条件で親子階層を使用すると、アクセス違反が発生する可能性があります。

426631

Null のメンバーパラメーターを持つ PeriodsToDate 関数を使用すると、"予期しない例外" エラーが発生する可能性があります。

429253

SQL Server Management Studio と SQL Server Reporting Services に、正しくないバージョン番号が表示されています。 これにより、表示される数値がアップグレードの実行後に RTM バージョン番号と異なる場合があるため、混乱が生じます。

430703

Analysis Services で Watson ダンプが生成されると、セカンダリ例外が発生することがあります。 これは、実際の例外のため、または特定のエラーに対して明示的なダンプ要求が原因で、Watson ダンプが生成されるかどうかになります。 セカンダリ例外が発生した場合、サーバーで無限再帰が発生する可能性があります。 これにより、多くのダンプが生成され、サーバーがシャットダウンされます。

431298

修正: SSRS 2008 Service Pack 2 では、SSRS 2008 R2 レポートサーバーと通信するために SharePoint 2007 用の RS アドインが更新されています。 これにより、reportbuilder 3.0、Reportbuilder、ATOM レンダラーの特定の機能にアクセスできます。これには、ReportBuilder 3.0 の新しいレポートプレビューが含まれます。

431301

数千個のメタデータオブジェクトが含まれるデータベース内のオブジェクトを処理するには、データのインポートを開始するのに時間がかかることがあります。 これは、データのインポートを開始する前に、サーバーがジョブのスケジュールを作成する必要があるために発生します。 さらに、依存関係を特定するために使用されるアルゴリズムにより、データベースに多くのメタデータオブジェクトが存在する場合、パフォーマンスが低下します。

432094

空間インデックスは、列名に CELL_ID、CELL_ATTRIBUTES、または SRID を使用するテーブルでは安全に作成できません。

448007

特定の条件では、エラーメッセージ11405の分割された列の名前が間違っている可能性があります。 これにより、不正な列名が印刷されます。

455538

セルセキュリティを使用して計算を行うと、空の句が使われている場合に、正しくない結果が返されます。

456534

読み取りアクセス違反は、2つのトランザクションが同時に実行されている場合 (パーティションを変更または作成する場合)、もう1つはディメンションを処理する場合に発生します。

471363

Microsoft Office 12 が SQL Server 2008 Reporting Services と統合されている場合、SharePoint との統合は、レポートビルダーの clickonce URL に既定ではないため、レポートビルダーを起動することはできません。

471421

修正: トルコの SKU でローカライズの問題が発生しました。パン crumbs は、新しいレポートパーツライブラリページにローカライズされています。

499162

FIX: "Symbol" の MSAA 名が null であることが原因で発生するアクセシビリティの問題。 MSAA 名が更新され、検出できるようになりました。

503096

修正: 多数のパーティションを持ち、データが含まれていないテーブルに対して、DDL ステートメントによるインデックス作成のパフォーマンスが向上しました。 これまで、このプロセスに必要な時間は、パーティションの数が増加したために、幾何学の進行によって増加しています。 必要な時間が直線的な進行によって増加するようになりました。

515240

LOB 列にテーブル値パラメーターを使用すると、サーバーでアクセス違反が発生する可能性があります。

520700

[放射状スケールのプロパティ] ダイアログボックスの MSAA 名が正しくないため、アクセシビリティに対応していません。

525601

詳細な監査の場合、イベントを含む監査の一覧を表示するために使用されるアルゴリズムによって、監査の一覧のメモリリークが発生する場合があります。 これは、メモリ不足のエラーが発生し、メモリを再利用するためにサービスを再起動する必要があるまで続きます。

注: SQL Server 2008 SP1Cumulative Update 9 以降のバージョンからアップグレードする場合は、sql Server 2008 SP2 にアップグレードした後、sql server 2008 SP2 の累積更新プログラムを適用して、すべての修正プログラムを取得する必要があります。 SQL Server 2008 SP2 の累積更新プログラムの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2289254 SQL Server 2008 Service Pack 2 の累積的な更新プログラムパッケージ1

参照情報

現在の SQL Server のバージョンとエディションを確認する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法 この記事で説明するサードパーティ製品は、Microsoft と関連のない他社の製品です。Microsoft は、これらの製品のパフォーマンスや信頼性について、明示または黙示に従わないいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×