KB2431362-FIX: SQL Server 2008 R2 並列データウェアハウスをデータソースとして使用するプロジェクトで名前付きクエリを作成しようとすると、"キーワードはサポートされていません" というエラーメッセージが表示される

Microsoft は、Microsoft SQL Server 2008 R2 の修正プログラムを1つのダウンロード可能なファイルとして配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとに、以前の SQL Server 2008 R2 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティの修正プログラムが含まれています。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • SQL Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでは、SQL Server ビジネスインテリジェンス開発 Studio (入札) で Analysis Services プロジェクトまたはレポートモデルプロジェクトを作成します。

  • プロジェクトでは、microsoft SQL Server 2008 R2 並列データウェアハウス .NET プロバイダーを使用して Microsoft SQL Server Parallel Data Warehouse に接続するデータソースを作成します。

  • データソースに基づくデータソースビューを作成します。 次に、名前付きクエリを作成します。

このシナリオでは、名前付きクエリは作成されません。 この問題が発生すると、次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

サポートされていないキーワード

注:  SQL Server 2008 R2 並列データウェアハウス用の .NET プロバイダーの使用は、レポートモデルプロジェクトでのみサポートされます。 SQL Server 並列データウェアハウスの Analysis Services プロジェクトでは、代わりに OLE DB プロバイダーを使用する必要があります。 

原因

この問題は、名前付きクエリを編集するために使用される SQL エディターが sql Server 並列データウェアハウスバージョンの SQL 言語をサポートしていないために発生します。 

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2

この問題の修正プログラムは、累積的な更新プログラム4で最初にリリースされました。SQL Server 2008 R2 用の累積的な更新プログラムパッケージの入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2345451 SQL Server 2008 R2 の累積更新プログラムパッケージ4 注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2008 R2 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。

981356 SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 ビルド

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

詳細については、次の Microsoft web ページを参照してください。

データソースビューで名前付きクエリを定義する (Analysis services) 方法: データソースビューデザイナー (Analysis Services) を使用して名前付きクエリを追加、表示、変更、または削除する [名前付きクエリの作成/編集] ダイアログボックス (analysis services-多次元データ)関連する問題の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2428397 修正: SharePoint 統合モードでインストールされている SQL Server 2008 R2 Analysis Services インスタンスから埋め込まれた PowerPivot データベースを削除しようとすると、"型不一致" というエラーが発生する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×